別冊235 NEW!

進化と絶滅
生命はいかに誕生し多様化したか

渡辺 政隆 編

2019年10月16日 A4変型判 27.6cm×20.6cm 128ページ ISBN978-4-523-51235-4

2,000円+税

ご購入はお近くの書店または下記ネット書店をご利用ください。

  • amazon.co.jp
  • セブンアンドワイ
  • 紀伊国屋書店
  • 楽天ブックス
  • honto
  • TSUTAYA

40億年という長い時間の中で,誕生,適応,繁栄,絶滅を繰り返してきた地球上の生物。DNAの変異が進化の引き金となることが理解されている現代でも,5億4000万年前の爆発的進化や5回の大絶滅など多くの謎は残されたままです。複雑な生命はどのようにして誕生したのか。進化の原動力とは何か。 地球史上6回目の大絶滅が危惧されるいま,人類は果たして生き残れるのか。進化と絶滅をめぐる1冊。

渡辺 政隆 編

まえがき

汲めども尽きない進化の謎  渡辺政隆

 

1 生命の起源を探る

生命の陸上起源説

M. J. ヴァン・クラネンドンク/D. W. ディーマー/ T. ジョキッチ

進化の出発点 混合栄養生命  中島林彦 協力:布浦拓郎

地下にいた始原生命体  中島林彦 協力:鈴木庸平/鈴木志野

 

2 カンブリア爆発の謎

生命爆発の導火線 エディアカラ生物の進化  R. A. ウッド

最古の左右相称動物 モンゴルで生痕化石を発見  中島林彦 協力:大路樹生

 

3 大量絶滅を見直す

大絶滅を解剖する  H. リー

古生代末に何が起きたか  中島林彦 協力:磯﨑行雄

明らかになった生命爆発の主役  R. マーティン/A. クイッグ

大量絶滅を生き延びたアンモナイト  Scientific American編集部

カメの絶滅はスローに見える  Scientific American編集部

 

4 進化の仕組みに挑む

覇者への意外な道  S. ブルサット

多様性の源 複雑な生物を生む力  D. M. キングズレー

ゲノムから見た自然選択のパワー  H. A. オール

生物の進化を予測する  入江直樹/詫摩雅子

 

5 進化論の今

都市が変える生物進化  M. スヒルトハウゼン

加速する人類進化 未来のホモ・サピエンスは?  P. ウォード

温暖化で小さくなる動物  M.ザラスカ

米国の進化論教育のいま  A. ピオーリ

科学と宗教は対立するのか  L. クラウス/ R. ドーキンス

渡辺政隆(わたなべ・まさたか)
サイエンスライター,東北大学特任教授。専門は進化生物学,サイエンスコミュニケーション,科学史。著書に『ダーウィンの夢』(光文社),『一粒の柿の種』(岩波書店),『DNAの謎に挑む』(朝日新聞社),『ガラガラヘビの体温計』(河出書房新社),『シーラカンスの打ちあけ話』(廣済堂出版)など,訳書に『種の起源』(チャールズ・ダーウィン著,光文社),『「進化」大全』(カール・ジンマー著,光文社),『ワンダフル・ライフ』(スティーヴン・ジェイ・グールド著,早川書房),『生命40 億年全史』(リチャード・フォーティ著,草思社)などがある。