別冊171

エネルギー・水・食糧危機
持続可能な社会を目指して

河本 桂一 編

2010年5月19日 A4変型判 27.6cm×20.6cm 144ページ ISBN978-4-532-51171-5

2,000円+税

ご購入はお近くの書店または下記ネット書店をご利用ください。

  • amazon.co.jp
  • セブンアンドワイ
  • 紀伊国屋書店
  • 楽天ブックス
  • honto
  • TSUTAYA

経済成長や利便性を追い求める生業が続くなか、将来にわたってさまざまな恩恵を平等かつ持続的に享受できる、平和な世界を実現することが求められている。この別冊では、持続可能な社会・世界の実現に不可欠な資源であるエネルギーと食糧の確保に向けた取り組みや展望に着目し、資源の確保、恩恵の享受に伴って派生する負の影響を最小限(理想はゼロ)にとどめる方策を考える。
※出版社在庫切れ。バックナンバー常設店店頭・ネット書店在庫のみ

河本 桂一 編

目次

 

はじめに
持続可能な社会を目指して  河本桂一

 

章ごとのまえがき

 

第1章 再生可能エネルギーへの転換

2030年 化石燃料全廃計画  M. Z. ジェイコブソン/M. A. デルッチ
一目でわかる再生可能エネルギー  M. L. ウォルド
化石燃料から太陽エネルギーへ 米国の大転換構想  K. ツヴァイベル/J. メーソン/V. フセナキ

 

第2章 自動車用燃料の挑戦

石油資源を搾り出す  L. マウゲーリ
草から作るガソリン  G. W. ヒューバー/B. E. デール
燃費はもっとよくなる 高効率エンジンへの道  B. ナイト
20年後の自動車の姿  SCIENTIFIC AMERICAN編集部

 

第3章 水と食糧の確保への手立て

世界の水危機を回避するには  P. ロジャーズ
飢餓と貧困をなくすために  P. ピンストラップ=アンダーセン/F. チェン
食糧不足で現代文明が滅びる?  L. R. ブラウン
エコな食糧危機解決策? 摩天楼で農業  D. デポミエ

 

第4章 持続可能な農業とは

グラフで見る 牛肉消費と温暖化ガス  N. フィアラ
植物と地球温暖化  F. ケプラー/T. レックマン
もうひとつの地球環境問題 活性窒素  A. R. タウンゼンド/R. W. ハウワース
迫り来るリン資源の危機  D. A. バッカーリ
土壌を守る不耕起農法  D. R. ハギンズ/J. P. レガノルド
農業革命の種をまく 組み換え作物を生かす道  T. レイニー/P. ピンガリ

【編者】河本桂一(こうもと・けいいち)
1965年生まれ。みずほ情報総研環境・資源エネルギー部主任研究員。1993年より太陽光発電分野の各種調査研究を手掛け,1999年から国際エネルギー機関「太陽光発電システム研究協力実施協定」(IEA PVPS)のプロジェクトの1つ,「タスク8:砂漠等未利用地における超大型太陽光発電システムの可能性研究」に参画。現在,同プロジェクトの運営責任者を務める。