日経サイエンス 2012年11月号

コズミックストーム
利他行動のパラドックス

2012年9月25日 A4変型判 27.6cm×20.6cm

1,333円+税

ご購入はお近くの書店または下記ネット書店をご利用ください。

  • セブンアンドワイ

編集部から一言

宇宙でも時に嵐が起きます。その正体は太陽で起きるフレアの際や銀河中心の巨大ブラックホールから放出される強力な電磁波と超高速のプラズマ雲で,コズミックストーム(宇宙嵐)と総称されます。最近の研究で,地球が巨大な宇宙嵐に見舞われる可能性があることがわかってきました。巻頭特集で詳しく紹介します。2つめの特集のテーマは「利他行動」。多くの動物は自身の家族を手助けしますが,見知らぬ相手を明らかな見返りなしに手助けするのは人間だけ。その特異な利他行動を取る理由について,新たな仮説が提唱されています。このほかヒッグス粒子発見の舞台裏を紹介する記事などもあります。

※お詫びと訂正
※この商品は在庫がございます。お近くの書店もしくは セブンネット書店にてご注文ください。

宇宙物理学

特集:コズミックストーム

 

巨大ブラックホールと生命  C. シャーフ

 

スーパーフレアの脅威  中島林彦/協力:柴田一成

 

 

進化

特集:利他行動のパラドックス

 

無私は最高の戦略  E. フェール/S.-V. レニンガー

 

なぜ生物は助け合うか  M. A. ノワック

 

 

社会生物学

ヤドカリの経済社会学  I. チェース

 

物理学

ヒッグス発見の瞬間  M. リオーダン/G. トネッリ/S. L. ウー

 

物理学

現代物理学の歩み 歴代ノーベル賞学者が書いた12本  SCIENTIFIC AMERICAN編集部

宇宙線に秘められたメッセージ(H. コンプトン)/X線星(R. ジャコーニ)/超新星爆発のメカニズム(H. A. ベーテほか)/宇宙の中の生命(S. ワインバーグ)/光とは何か(E. O. ローレンスほか)/原子核の構造(M. G. メイヤー)/反陽子(E. セグレほか)/ヒッグス・ボソンは実在するか(M. J. G. フェルトマン)/光メーザー(L. ショーロー)/“スターウォーズ”計画は核の脅威を減らすか(H. A. ベーテ,H. W. ケンドールほか)/究極の時間測定技術(N. F. ラムゼーほか)/グラフェン 鉛筆から生まれたナノ材料(A. K. ガイムほか)

Web限定の公開記事はこちら!

物質の原子構造を探るX線の指(W. H. ブラッグ)/泡箱(D. A. グレーザー)/減速から加速へ 宇宙膨張の奇妙な変化(A. G. リースほか)

神経科学

脳丸ごとシミュレーター  H. マークラム

 

 

 

ダイジェスト

 

サイエンス考古学

社会的剥奪/バイオリンの今/パナマ運河/カーティスの飛行艇/新しい素材/選挙

フロントランナー挑む

がん治療を開く“横綱”遺伝子を探す  間野博行(自治医科大学)

NEWS SCAN

●国内ウォッチ

移り変わる性染色体/3.8m新技術望遠鏡の開発大詰め

●海外ウォッチ

善玉コレステロールが悪玉に割に合わない銀行強盗/あなたの海の健康状態/位置について,用意,着床!/塗って作る電池/ヒヨコマメ革命/流れ星を捜索する/歯石が明かす猿人の食生活/星のよろめき/考えるだけで字をつづる/小児向け医薬が抱える問題/魚のディナーデート/骨を食べる虫/セルゲイ・カピッツァ死去

From nature ダイジェスト

3D印刷がもたらす革命/アルツハイマー病を防ぐ遺伝子変異

砂漠の駝鳥 当世かがく考

グリーン革命はIT革命とは違う  滝順一

ANTI GRAVITY

本当に怖い話  S. マースキー

パズルの国のアリス

悩ましい入札ゲーム  坂井公

グラフィック・サイエンス

ノーベル賞は誰の手に?

ヘルス・トピックス

淋病の脅威再び

ブックレビュー

『世界でもっとも強力な9つのアルゴリズム』森田真生

『ヒッグス粒子と宇宙創成』関野恭弘

<連載>森山和道の読書日記  ほか

Information

次号予告

SEMICOLON

今月の科学英語