日経サイエンス 2008年11月号

世界の水危機を回避するには

2008年9月25日 A4変型判 27.6cm×20.6cm

1,333円+税

ご購入はお近くの書店または下記ネット書店をご利用ください。

  • セブンアンドワイ

編集部から一言

日本には「金を湯水のように使う」などといった表現がありますが,今現在も水の足りない国は少なくありません。雨の多い場所も,水をたくさん消費する場所も,地球上にまんべんなく分布しているわけではないからです。経済成長の著しい新興国では,需要も増大しています。さらに,気候変動で干ばつと大洪水のように,農業で利用しにくい形で雨が降るようになることも心配されています。このままでは,水不足が紛争を招く事態が起きかねません。幸いなことに,解決は十分可能です。 ほかには亜熱帯地域でもオーロラが見えた巨大太陽風,おなじみの熱ショックタンパク質ががんワクチンとして活用できそうといったお話などなど。

環境

世界の水危機を回避するには  P. ロジャーズ

 

医学

熱ショックタンパク質をがんワクチンに  P. K. スリヴァスタヴァ

 

量子物理学

イオンで作る量子コンピューター  C. R. モンロー/D. J. ワインランド

 

惑星科学

巨大太陽嵐に備える  S. F. オーデンワルド/J. L. グリーン

 

医学

激痛の原因を探る 片頭痛の新薬を目指して  D. W. ドディック/J. J. ガーガス

 

物質科学

自然に学んだセルフクリーニング材料  P. フォーブズ

 

農業

土壌を守る不耕起農法  D. R. ハギンズ/J. P. レガノルド

 

技術革新

味を強める調味料  M. ウェンナー

 

茂木健一郎と愉しむ科学のクオリア

太陽系外惑星を追って  ゲスト:井田 茂(東京工業大学)

 

 

 

ダイジェスト

 

サイエンス考古学

 情報よりも政治工作/石油採掘のコスト/神経をすり減らす仕事/光の治癒効果/葉巻型ボート

NEWS SCAN

新たに広がる電波の空/ニュートリノ検出に新計画/渦の姿を音で見る/太陽にのみ込まれる運命近づいているのが聞こえない/山火事の効用/史上最強の加速器LHC稼働/生命の可能性,捨てきれず/目の移動の進化/大腸がんに扱いやすい薬/温暖化で腎臓結石が多発/死ぬのはどいつだ/温室効果テレビ?  ほか

UPDATES

 思い通りに/無線センサー網で大雨の排水管理/家族持ちのジョージへ/アマゾンの原始民

いまどき科学世評

 科学とは無縁の冷笑シンドローム  塩谷喜雄

個性派 ミュージアム巡礼

 NTTインターコミュニケーション・センター  文・写真:キュラトゥス

ANTI GRAVITY

 恐怖のハト爆弾  S. マースキー

TREND

 南極点の氷の中で宇宙ニュートリノを観測

現代からくり拝見

 住宅用ヒートポンプ

BOOK REVIEW

 『世界一高い木』

 『細胞の意思』

 <連載>森山和道の読書日記ほか

Information

SEMICOLON

次号予告