日経サイエンス 2004年6月号

どこでもディスプレーを実現する有機EL

2004年4月24日 A4変型判 27.6cm×20.6cm

1,333円+税

ご購入はお近くの書店または下記ネット書店をご利用ください。

  • セブンアンドワイ

編集部から一言

皆さまはこのページをどんなディスプレーでご覧になっていますか? 見ていないときにはくるくると丸められるディスプレーの登場ももうすぐかも知れません。
「揺れない地震の脅威」では,とつぜんの大津波をもたらしたり,大地震を誘発しかねない,“ゆっくり地震”をご紹介します。
編集部内の人気が高かったのは,「世界初の機械式ポケット計算機」。読んだ後にじーんと来ました。ぜひ,ご覧になってください。

情報技術

どこでもディスプレーを実現する有機EL  W. E. ハワード

くるくる丸めて持ち運べる大型テレビ,壁紙のように貼り付ける照明。有機ELによってディスプレーの常識が覆される未来はすぐそこまで来ている。

 

情報技術

世界をリードする国内の有機EL開発  城戸淳二

有機ELに可能性を見いだしたのは日本の研究者だった。国内の技術を集結し,開発競争を主導してきた。

 

地球科学

揺れない地震の脅威  P. サーベリ

地面が揺れるものばかりが,地震ではない。地中でひっそりと起きる揺れない地震は,大津波や巨大地震の前ぶれかもしれない。

 

地球科学

東海地震と関連?日本で観測進む  鷺谷威

世界に先駆けて高精度観測網を備えた日本で,揺れない地震の発見が相次いでいる。東海地震との関連にも注目が集まっている。

 

神経薬理

ドラッグに翻弄される脳  E. J. ネスラー/R. C. マレンカ

繰り返し摂取するうちに,やめたくてもやめられなくなるのはなぜだろう。それはドラッグが脳の神経回路を変えてしまうからだ。依存症患者の脳に何が起きているのかが,わかってきた。

 

気候変動

地球温暖化の時限爆弾を止めろ  J. ハンセン

フロンガスや二酸化炭素など温室効果ガスの増加率は減少傾向にあるが,温暖化そのものは今も進んでいる。これを食い止めるには人間活動による気候強制力をさらに低く抑える努力が必要だ。

 

選挙システム

だれからも文句のでない投票方式  P. ダスグプタ/E. マスキン

候補者から1人だけを選んで投票する一般的な方式では,多数派の意思が正しく反映されるとは限らない。しかし,選好の順序を考慮して当選者を決める「真の多数決方式」なら,この問題を解決できる。

 

技術史

収容所で生まれた世界初のポケット計算機  C. ストール

1950年代から60年代にわたって世界で広く使われた「クルタ計算機」。実に精巧にできているが,ナチスの強制収容所に囚われた発明者が逆境の中で作り上げたものだった。

 

 

 

世界の研究室から

 中欧の流れ星の輝きに魅せられて  阿部新助(チェコ共和国天文学研究所)

サイエンス考古学

 ワクチンの恐怖/シリコン太陽電池/グランド・キャニオン/飛行機実験/自転車のつわもの/ヤクを家畜に

TOPICS

高エネルギー粒子の“ガラス”が割れるとき/“大人だまし”の科学館/「酔い」を左右する遺伝子を追え/太陽嵐の予報へあと一歩/MRIで気力充実/組み換え植物で地雷を発見/びっくり3次元ベアリング/アンモニアを簡単に合成/コロンブス以前に北米大陸の地図が存在?/水素貯蔵クラスレート/宿主抜きで増殖する炭疽菌/年代時計を合わせよう/二重苦に悩むオタマジャクシ ほか

いまどき科学世評

 大国の論理と科学的であること  塩谷喜雄

パズリング・アドベンチャー

 最初にゴールに着く道は?  デニス・シャシャ

旅して発見!

 リフォルニアの湿地にくらすラッコたち  文・写真 金澤智

素顔の科学者たち

 機械にも感情が必要だ  ドナルド・A・ノーマン

大江戸野鳥細見

 夏を告げるツバメ  松田道生

ピュタゴラスたちの真実

 神秘主義まとった“数学者”  斎藤憲

WAVE

 ネアンデルタールはバカだったか?/DNAを使わずにタンパク質を作る/自分でプログラムできるロボット/

 先行技術なんか気にしない/憧れの「渡り蝶」に会いに行く

ブックレビュー

 『マヤ文字解読』

 『誰が科学技術について考えるのか』

 <連載>森山和道の読書日記

掲示板

セミコロン

次号予告