日経サイエンス 2000年3月号

火星の空を旅する

2000年1月25日 A4変型判 27.6cm×20.6cm

1,333円+税

ご購入はお近くの書店または下記ネット書店をご利用ください。

  • セブンアンドワイ

編集部から一言

今月号の特集は気球。気球というと,何となく古いイメージがあるかもしれませんが,観測用に,通信用にと,注目を集めています。衛星に比べるとコストがずっと安く,回収も用意なのが魅力です。もちろん,客船も登場します。
もうひとつの目玉は深海に眠るメタンハイドレート。エネルギー資源のない日本はとくに注目している資源です。でも,過去の生物大量絶滅の遠因とも考えられています。
女王が単身,巣に乗り込んで乗っ取りを仕掛けるサムライアリの話,だまし絵から意識の謎を解く話,音源にさかのぼらせた音の意外な利用法など,今月も盛りだくさんです。

知の21世紀へ

特集:気球新時代

気球は衛星などと違って,低コストで,必要なときにすぐに上げられる特徴がある。地球や惑星の観測や研究の手段として,21世紀にはますます有力な方法になるだろう。

 

火星の空を旅する  I. S. スミス/J. A. カッツ

 

超長時間の滞空を目指す  矢島信之

 

成層圏に浮かぶ情報基地  藪健一郎(編集部)

 

静かで機敏な新ツェッペリン号  K. G. ハーゲンローヒャー

 

無着陸の世界一周成功  P.スコット

 

 

 

逆回しの音響学  M. フィンク

1カ所から出た音をマイクで拾ってテープレコーダーで録音し,それを逆回しの信号に変えて各マイクの位置からスピーカーで流すと,音が元の音源に吸い寄せられるように集まってくる。この手法は,腎臓結石の破砕や潜水艦との通信など幅広い応用がある。

 

視覚から意識の世界をのぞく  N. K. ロゴセティス

見方によって2通りに解釈できる多義図形は,一方の解釈で見ているときは,もう一方の解釈では見えない。解釈が変わるその瞬間,脳ではいったい何が起きているのだろうか。サルを使った実験などから,視覚系での意識の謎が解明されつつある。

 

 

深海底の“燃える氷”メタンハイドレート  E. シュース/G. ボーマン/J. グレイナート/E. ローシュ

 

エネルギー資源開発の道を模索する日本  中島林彦(編集部)

深海底には膨大な量のメタンを含んだ氷「メタンハイドレート」が埋まっている。推定総埋蔵量は石油や石炭,天然ガスを合わせた量の倍以上。エネルギー資源として魅力的だが,その急激な分解によって大津波が発生したり,メタンが大気に放出されて温暖化を加速させるおそれがある。

 

 

巣を乗っ取る女王アリ  H. トポフ

サムライアリはヤマアリを奴隷にする。若い女王アリはたった1匹でヤマアリの巣に侵入し,ヤマアリの女王に一騎打ちを挑む。首尾よく勝ち,その体液をなめてヤマアリの女王特有の化学物質をもらうと,ヤマアリの働きアリから主人として迎えられる。

 

理科教育の危機は本当か  W. W. ギブス/D.フォックス

第3回国際数学・理科教育調査で米国の高校生の成績は世界平均を下回っていた。これをきっかけに教育危機論争が過熱化している。論争の中身は必ずしも事実を表しているわけではないが,教科書やカリキュラムの内容,授業の進め方などには改善の余地がありそうだ。

 

 

 

世界の研究室から

 地球の生命・宇宙の生命  矢追拓郎 米航空宇宙局エームス研究センター研究員

サイエンス考古学

 水素爆弾/ノイローゼ実験/磁場と放射線/灯台/雪解けと大洪水/不眠と精神障害/未開の地は今いずこ

TOPICS

入れ子構造の新フラーレン分子/絶対音感を持つ人は多い/自動車事故,トラックより乗用車に原因/高層ビルは暴風雨でも安全か/天の川の星々の精密な立体地図作り実現へ/混乱する哺乳類の起源/量子力学でゲーム理論/宇宙科学研究所,次世代大型X線天文衛星を打ち上げ/スペースセックスは禁止か?

空 模様

 雲海  文・平沼洋司/写真・武田康男

夢に賭ける

 言語を教わるロボットを5年後に実現  所眞理雄(ソニーコンピュータサイエンス研究所所長)

錯覚の情報学

 動きにつられ傾いて見える垂直の風車  柏野牧夫・西田眞也

脳の見方,モノの見方 35

 子供の不適応はなぜ起きるか 養老孟司×菅原ますみ(国立精神・神経センター精神保健研究所 家族・地域研究室長)

WAVE

 融け出す南極の氷山/最新式の金儲け法/善良なカバが不始末をしでかすとき

数学レクリエーション

 ローマ帝国を守れ!  I. スチュアート

ブックレビュー

 『火星の夕焼けはなぜ青い』  的川泰宣

 『科学が正しい理由』  谷垣勝巳

 <連載>森山和道の読書日記  ほか

掲示板

セミコロン

次号予告