日経サイエンス  2011年7月号

特集:揺れる原子力の将来

今だから考えるエネルギー技術7

SCIENTIFIC AMERICAN編集部

 福島第1原子力発電所の事故と夏に予想される電力不足で,エネルギー問題への関心が高まっている。原発は怖い,さりとて代替エネルギーも当てにならないというのが,多くの人の正直な感想だろう。解決する方法はないのだろうか? 「今はない」と言うしかないが,もしも実現すればエネルギーの需給を根本的に変え得る新技術がいくつか提唱されている。電気でなく磁気で冷やす新しい冷房や,太陽光から燃料を作る技術,核廃棄物を燃やして発電するハイブリッド原子炉などだ。既に相当の費用が投じられ,研究開発も進んでいる。ただ実験的には可能でも,そこそこの費用で大量供給できないと,本当の実用技術にはならない。それが最大の壁だ。

原題名

7 Radical Energy Solutions(SCIENTIFIC AMERICAN May 2011)

サイト内の関連記事を読む

キーワードをGoogleで検索する

イオン液体ウェーブ・ディスク・エンジンソーラーガソリンハイブリッド炉ヒートエンジンホットエレクトロン形状記憶合金核分裂核融合磁気冷却磁気熱量効果衝撃波量子太陽電池