日経サイエンス  2005年6月号

絶滅の縁に立つ野生のウマ

P.D. モールマン(国際自然保護連合)

 人類の祖先が初めて洞窟に壁画を描いたころから,野を駆けるウマの美しさは人々を魅了してきた。約2万年から2万5000年前のこの時代には,ウマはアフリカやアジア,南北アメリカの草原で最も数が多く,生態学的にも重要な草食動物の1つだった。現在では,野生のウマ科動物はロバ3種,シマウマ3種,野生ウマ1種の合わせて7種しか残っていない。国際自然保護連合(IUCN)はそれらのほとんどを絶滅危惧種に分類している。

 

 歴史的にみても重要なこれらの動物たちは,年々生息数が減少している。そのため,国際自然保護連合で私が議長を務めているウマ科動物専門家グループを含め多くの生物学者が,野生ウマの生態についてできるだけ多くの知識を得ようと研究を進めている。また私たちは野生ウマの絶滅を食い止める方法を検討し,必要な対応策の優先順位を決定した。

 

 私たちは野生ウマの社会構造を2種類のパターンに分けている。これはドイツのブラウンシュワイク大学のクリンゲル(Hans Klingel)による研究にもとづいている。どのウマも高い木のない開けた土地に暮らしているが,その生息地は不毛な砂漠から適度な雨に恵まれた草原までさまざまだ。

 

 もともとウマは群れをなす性質がある。ウマが餌探しや交尾,子育てのために作る集団の形態は,餌や水がどのくらい簡単に手に入るかによって決まる。

 

 タンザニアのセレンゲティ平原などの草原は餌や水が豊富で,複数のメスが一緒に餌を食べることができるので,安定した群れが作られる。オス1頭が群れに近づく他のオスを撃退し,すべてのメスに対する独占的な交尾権を持つ。この構造は「ハーレム」または「ファミリー」と呼ばれる。

 

 一方,エチオピアとエリトリアにまたがるダナキル砂漠などの乾燥した環境では,餌やわずかな水を得られる場所はまばらにしかないため,メス同士がすぐ近くで餌を食べたり安定した群れを作ったりすることはできない。おとなはそれぞれ自力で餌を見つけ,オスは重要な水場や餌場の近くになわばりを作る。そうして水や餌を求めてなわばりに近づいてくるメスすべてに対する交尾権を独占する。

 

 

再録:別冊日経サイエンス226「動物のサイエンス 行動,進化,共存への模索」

 

著者

Patricia D. Moehlman

ウィスコンシン大学マディソン校でPh.D.を取得。ウマおよびイヌ科動物の行動生態学と繁殖システムの進化を35年にわたって研究してきた。1989年からはソマリアやエチオピア,エリトリアの野生生物局の職員や地元の牧畜民と協力して,絶滅危惧種のアフリカノロバを発見,保護している。エチオピア人とエリトリア人の同僚に対する訓練と教育にもかかわっている。野生動物トラスト連合(WildlifeTrust Alliance)のメンバーであり,1997年からは国際自然保護連合で種の保存委員会のウマ科動物専門家グループのリーダーを務めている。パール(MaryPearl)と野生動物トラストは野生のウマの保護のため重要な支援を行っている。ホイットニー・レイン基金,セントルイス動物園,野生動物保護協会,アフリカ自然協会もこれらの絶滅危惧種保護のため多額の資金を拠出している。

原題名

Endangered Wild Equids(SCIENTIFIC AMERICAN March 2005)

サイト内の関連記事を読む

キーワードをGoogleで検索する

アフリカノロバグレビーシマウマ種の保存モウコノウマプシバルスキーウマ再導入