What’s New

The Food Addiction / 食欲の暴走 なぜ食べるのをやめられないのか

Would a rat risk dying just to satisfy its desire for chocolate? … 続きを読む

カテゴリ 2013年11月号, 英語で読む日経サイエンス

味な感覚

 味覚は一般的に考えられているものとは違う。味覚は五感の1つで,嗅覚や視覚,触覚の仲間だと学校で習った。味蕾(舌の表面にある味覚細胞)が食べ物に触れると,それが甘いか苦いか,栄養物か毒物かを知らせるシグナルを脳に送る結果 … 続きを読む

カテゴリ 2013年12月号, 記事

食欲の暴走 なぜ食べるのをやめられないのか

 人が過食をするのは,よく言われるように自制心が欠如しているといった精神上の問題ではなく,また,ホルモンのアンバランスによるものでもないことが明らかになってきた。脂肪分や糖分を豊富に含む食物は,脳の報酬系に過剰に働きかけ … 続きを読む

カテゴリ 2013年12月号, 記事

特集:食欲

 食欲は人間が生存するために必須の欲求の1つで,古代の人類はその欲望を満たすために一日の大半の時間を使っていた。お腹が減ったと感じるのも,カロリーが高い食物などをおいしいと感じるのも食欲がなせる技だ。ところが現代文明によ … 続きを読む

カテゴリ 2013年12月号, 記事

日経サイエンス 2013年12月号

特集:食欲   プロローグ 味な感覚  M. モイヤー     【第1部 ダイエット】 神経科学 食欲の暴走 なぜ食べるのをやめられないのか  P. J. ケニー   生理学 どっ … 続きを読む

カテゴリ 2013年12月号, 雑誌

各章のまえがき

CHAPTER 1 化石でたどるホモ・サピエンスへの道   DAVID BRILL  人類進化の直接的な証拠である化石の研究は20世紀の末までに,4百万年前頃まで遡るアウストラロピテクスの存在と,その系統や多様性などにつ … 続きを読む

カテゴリ 記事

21世紀の人類学の始まり

 この別冊には,2006年から2013年にかけての8年間に日経サイエンスに掲載された自然人類学関連の20編の記事が収録されている。この間にはヒトの系統やホモ・サピエンスとネアンデルタールの関係などについて従来説を覆すよう … 続きを読む

カテゴリ 記事

ニューギニアの歌う犬を探して~日経サイエンス2013年11月号より

昨年の写真撮影を刺激に探索が始動    ニューギニア・シンギンング・ドッグはおそらく世界で最も希少なイヌ属動物であり,他の野生化した犬やジャッカル,コヨーテ,オオカミよりも絶滅の危機に近い。生息地であるニューギ … 続きを読む

カテゴリ 2013年11月号, News Scan

現行規制は火星に過保護?~日経サイエンス2013年11月号より

微生物汚染の規制緩和を求める声が出ている    火星を地球の微生物から守る必要があるか? 従来の一般的見解からすると答えは「イエス」で,宇宙法も同じ考え方だ。国連の宇宙条約は生命のいる可能性がある天体を地球の細 … 続きを読む

カテゴリ 2013年11月号, News Scan

昆虫が促進する草地の炭素吸収~日経サイエンス2013年11月号より

予想外に複雑な仕組みが存在するらしい   Some rights reserved by Selen Spender   炭素循環は地球上の生命体にとって欠かせないものだが,科学者たちはいまだにその複雑さを理解 … 続きを読む

カテゴリ 2013年11月号, News Scan

別冊194 化石とゲノムで探る人類の起源と拡散

目次   プロローグ 21世紀の人類学の始まり  篠田謙一 各章のまえがき   CHAPTER 1 化石でたどるホモ・サピエンスへの道 人類の系図  K. ウォン 人類の起源 崩れる祖先像  K. ハ … 続きを読む

カテゴリ 別冊・本

続・何が何でも取り分は同じ(解答)

 この問題を見て誰もが予想することは同じだろう。8個ものサイコロを振れば,その目の総和は8から64というかなり広い範囲にわたる。しかし,それを等しくするという問題ではなく,部分和同士で等しいものが作れるかという問題だから … 続きを読む

カテゴリ 2013年11月号, パズルの国のアリスー解答

睡眠を世界規模で調査~日経サイエンス2013年11月号より

眠りのパターンを実時間追跡する計画    前夜によく眠れないと気分が悪く,目は腫れぼったく,あくびが何度も出るのはご存じの通りだ。また,慢性的に睡眠不足の人は心臓病や肥満,早死のリスクが高まる。だが,睡眠のパタ … 続きを読む

カテゴリ 2013年11月号, News Scan

水圧破砕と汚染飲料水~日経サイエンス2013年11月号より

シェールガス井から1マイル内にある家庭用井戸はメタン濃度が高いことが確認された    地下の頁岩層を水圧破砕(フラッキング)して取り出す天然ガス(シェールガス)。ペンシルベニア州では,この水圧破砕用の井戸に近い … 続きを読む

カテゴリ 2013年11月号, News Scan

2013年ノーベル化学賞 巨大分子の化学反応を計算する手法に

 2013年のノーベル化学賞は,タンパク質のような巨大な分子の化学反応を,コンピュータを使って効率よく計算する手法を開発した米ハーバード大学のカープラス(Martin Karplus)博士,スタンフォード大学のレビット( … 続きを読む

カテゴリ きょうの日経サイエンス

投稿日 2013年10月9日