タグ : NASA

有人飛行は“飛び石作戦”で

 火星への有人飛行を実現するための最大の障壁は技術ではない。予算だ。かつては国を挙げて月への一番乗りを目指したアメリカだが,今では宇宙開発も時の政治や経済の状況に大きく左右される。目的地を1カ所に定め,そこへの到達にすべ … 続きを読む

カテゴリ 2012年2月号, 記事

進む生命探査 フェニックスからキュリオシティーへ

 最新鋭の分析装置群を搭載した火星探査車マーズ・サイエンス・ラボラトリー(キュリオシティー)が2011年11月に打ち上げられた。最新の分析装置で火星の土壌を調べ,生命の痕跡を探すことになっている。キュリオシティーが挑むテ … 続きを読む

カテゴリ 2012年2月号, 記事

特集:NASAが目指す火星への道

 最新の火星探査車「キュリオシティー」が先ごろ打ち上げられた。2012年8月に火星に着陸し,生命存在の可能性を詳しく調べる予定だ(イラストは想像図)。近年の無人探査車の活躍で進展してきた火星の科学は新段階を迎えようとして … 続きを読む

カテゴリ 2012年2月号, 記事

NASAの新戦略 民間活力で有人飛行

 米オバマ政権は,宇宙開発の戦略を大胆に転換した。国際宇宙ステーションへの往復など地球周回軌道への人や物資の輸送は民間企業に委ねて,NASAは火星への往還などより研究的なミッションに集中する。近く退役予定のスペースシャト … 続きを読む

カテゴリ 2011年4月号, 記事

つぶれた形の太陽系〜日経サイエンス2008年5月号より

太陽系の南側はつぶれて狭くなっている      ボイジャー2号は昨年,30年間宇宙を旅した後,太陽系の内と外を隔てる最初の境界面であるターミネーションショック(末端衝撃波面)を越え,荷電粒子の波に突っ … 続きを読む

カテゴリ 2008年5月号, News Scan

NASAの逆噴射〜日経サイエンス2006年8月号より

将来の有人飛行を優先して既存計画を大幅カット──しかし,禍根を残さないだろうか?    2年前にブッシュ大統領が新たな有人月飛行計画を発表したとき,多くの人は,言葉ばかりで資金のあてがないと心配した。結局,不足 … 続きを読む

カテゴリ 2006年8月号, News Scan

有人宇宙飛行 中国の挑戦

 中国は今秋初めて,自前のロケットと宇宙船で宇宙飛行士を地球周回軌道に送り込もうとしている。成功すれば,米国,ロシア(旧ソ連)に次いで有人宇宙飛行を実現した3番目の国になる。いまゴビ砂漠の端にある酒泉衛星発射センターで, … 続きを読む

カテゴリ 2003年11月号, 記事