タグ : 遺伝子工学

ゲノム編集はガラパゴスを救うか

ガラパゴス諸島はゾウガメなど独自の動物で有名だが,実はネズミをはじめ何百種もの外来種が侵入している。外来種の駆除は残酷な作業になる場合が多く,殺鼠剤の散布では家畜や子供を島外に移すなど住民の負担も大きい。より安全な方法と … 続きを読む

カテゴリ 2018年6月号, 記事

The Gene Genie / ゲノム科学を変えるCRISPR

The age of genetic engineering began in the 1970s, when Paul Berg spliced DNA from a bacterial virus into a monkey virus and Herbert W. Boyer and Stanley N. Cohen created organisms in which introduced … 続きを読む

カテゴリ 2015年3月号, 英語で読む日経サイエンス

ゲノム科学を変えるCRISPR

 CRISPR(クリスパー)と呼ばれる新しいゲノム編集方法が生命科学に革命を起こそうとしている。生物のゲノムを改変する方法は1970年代から知られてきたが,DNA上の狙いの場所を切断して改変するためにその都度その配列に合 … 続きを読む

カテゴリ 2015年3月号, 記事

生まれ変わるアメリカグリ

 大きな栗の木の下で──という歌と同様に米国の人々に親しまれているのがアメリカグリという木だ。しかし,アジアから持ち込まれたクリ胴枯病菌によって20世紀前半の50年で30億本以上が枯死してしまった。これを再生するため,小 … 続きを読む

カテゴリ 2014年9月号, 記事

行方不明の組み換えトウモロコシ〜日経サイエンス2006年1月号より

 2001年,メキシコのオアハカ州で,本来は存在しないはずの遺伝子組み換えトウモロコシが見つかったとする論文がNature誌に掲載され,論議の的となった。事実なら,遺伝子組み換え種が生態系を乱していることになる。同誌は翌 … 続きを読む

カテゴリ 2006年1月号, News Scan

遺伝子ドーピング

 オリンピックをはじめ,スポーツ競技では規制薬物使用の疑惑が絶えない。近い将来,通常の検査では見抜けない新種のドーピングが登場するおそれがある。筋肉疾患を治すための遺伝子治療を悪用すると,簡単に筋肉を増強できるのだ。 & … 続きを読む

カテゴリ 2004年9月号, 記事