タグ : 進化

1 / 812345...最後 »

ダンスの進化 人はなぜ踊るようになったのか

盆踊りからアルゼンチンタンゴ,ブレイクダンス,クラシックバレエまで,あらゆる文化で踊りは重要な役割を演じている。ダンスをする能力は,筋肉を制御する運動ニューロンと,感覚ニューロンで検出した聴覚信号を「同調」させる神経的な … 続きを読む

カテゴリ 2017年11月号, 最新号の紹介, 記事

Missing Links / ヒトらしさを生んだ遺伝子欠失

大きな脳などの特徴をヒトは進化の過程でどのように獲得したのか? それらのもとになる遺伝子を新たに獲得したのだろうと考えがちだが,そうではないようだ。近年のゲノム解析で,他の哺乳動物にあってヒトでは失われたDNA配列が50 … 続きを読む When we visit a zoo and peer at our closest living relatives, the great apes, two things reliably captivate us. One: they look so very much like people. The expressive faces and the grasping hands of … 続きを読む

カテゴリ 2017年10月号, 英語で読む日経サイエンス

ヒトらしさを生んだ遺伝子欠失

大きな脳などの特徴をヒトは進化の過程でどのように獲得したのか? それらのもとになる遺伝子を新たに獲得したのだろうと考えがちだが,そうではないようだ。近年のゲノム解析で,他の哺乳動物にあってヒトでは失われたDNA配列が50 … 続きを読む

カテゴリ 2017年10月号, 記事

サメの祖先に手がかり〜日経サイエンス2017年8月号より

4億年前の古代魚の化石にサメと硬骨魚の両方の特徴が見つかった   サメの進化について科学的なことはほとんどわかっていない。「軟骨が奇妙な組織である」のが一因だと,ニューヨークにあるアメリカ自然史博物館の古生物学 … 続きを読む

カテゴリ 2017年8月号, News Scan

サメの祖先に手がかり〜日経サイエンス2017年8月号より

4億年前の古代魚の化石にサメと硬骨魚の両方の特徴が見つかった   サメの進化について科学的なことはほとんどわかっていない。「軟骨が奇妙な組織である」のが一因だと,ニューヨークにあるアメリカ自然史博物館の古生物学 … 続きを読む

カテゴリ 2017年8月号, News Scan

キツネがイヌに化けるまで

「人類最良の友」といわれるイヌは野生のオオカミを人間が家畜化したものと考えられているが,具体的にどう飼い慣らしたのか,どのくらいの期間がかかったのかなど,その詳細は歴史のなかに失われてしまった。そこでオオカミからイヌへの … 続きを読む

カテゴリ 2017年8月号, 記事

硫黄の川が生んだカダヤシの進化

メダカに似たグループであるカダヤシ科の魚には,有毒レベルの硫化水素を含む河川で生きていけるように進化した種がいくつかあり,致死的な環境で生き延びるのに適した形質を共有している。DNA解析の結果,これらの魚が異なる分子経路 … 続きを読む

カテゴリ 2017年7月号, 記事

羽根と翼の進化

鳥類が恐竜から進化し,恐竜類の下位グループであることはだいぶ前から知られていた。巨大で陸生の恐竜から小型で飛行可能な鳥類への劇的な移行についての詳細が,中国などで大量に発見された羽毛恐竜の化石によって明らかになった。化石 … 続きを読む

カテゴリ 2017年6月号, 記事

特集:恐竜から鳥へ

鳥類が恐竜から進化したことは以前から知られている。しかし,陸上にすむ巨大な恐竜から空を飛ぶ身軽な鳥への移行はどのように進んだのか? 中国などで大量に発見された羽毛恐竜の化石を解析した結果,それがようやく明らかになってきた … 続きを読む

カテゴリ 2017年6月号, 記事

運動のパラドックス なぜやせられないのか

身体を活発に動かしている人はより多くのカロリーを燃やしている,というのが旧来の見方だ。だが,肉体的にきつい生活を送っている昔ながらの狩猟採集民も便利な近代的生活をしている人々も,実際に消費しているカロリーは同じであること … 続きを読む

カテゴリ 2017年4月号, 記事

特集:運動と健康

ジムに通って汗を流してもなかなかやせない──。そんな経験がある人は多いだろう。それは努力不足というより人体の仕組みによるところが一因かもしれない。近年の研究で,肉体的にきつい生活を送っている昔ながらのアフリカの狩猟採集民 … 続きを読む

カテゴリ 2017年4月号, 記事

新発見! 文化が促すシャチの種分化

新たな生物種が出現するのは,祖先種が地理的な障壁によって2つの集団に隔離されて交配できなくなり,独自の進化の道をたどるからだとされてきた。ところが,これがすんなり当てはまらない例が見つかった。世界の海に生息するシャチは, … 続きを読む

カテゴリ 2017年3月号, 記事

Ascent of the Mammals / 恐竜時代の哺乳類

One early winter evening in 1824, English naturalist and theologian William Buckland rose to address the Geological Society of London. Anticipation filled the room. Buckland was known for his energeti … 続きを読む

カテゴリ 2016年11月号, 英語で読む日経サイエンス

ハンチントン遺伝子のパラドックス

 ハンチントン病は両親いずれかの原因遺伝子に異常があると50%の確率で発症する遺伝性疾患だ。この遺伝子には「CAG」の3塩基配列が繰り返される領域があり,36個以上の反復配列を持つ人が発病する。こうした反復配列はゲノムの … 続きを読む

カテゴリ 2016年11月号, 記事

恐竜時代の哺乳類

 恐竜が王者として君臨していた中生代,哺乳類の遠い祖先はその影に怯えながら小さな虫を追いかけてひっそりと暮らしていた──。そんなイメージを払拭するような発見が世界で相次いでいる。この15年で初期哺乳類の化石が続々と見つか … 続きを読む

カテゴリ 2016年11月号, 記事

 

1 / 812345...最後 »