タグ : 進化

1 / 912345...最後 »

がん細胞の系統樹が明かした変異のシナリオ

がん細胞に遺伝子変異がしだいに蓄積し,あるところで転移能力を獲得していっそう悪性化する──という従来の線形モデルは誤りらしい。がん細胞の遺伝子変異を進化系統樹に表す新たな研究から,早い段階で生じた変異が,原発腫瘍と転移腫 … 続きを読む

カテゴリ 2018年8月号, 最新号の紹介, 記事

貝殻の数理 美しい形ができるまで

貝類は対数螺旋の渦巻きや規則的なトゲなど,数学的正確さを備えた複雑な形の殻を作り出している。だが,貝は数学など何も知らない。いったいどのようにして,これらの精巧なパターンを作り出しているのか? 数理モデルに基づく著者たち … 続きを読む

カテゴリ 2018年7月号, 記事

The Baddest Bite / 地上最強のアゴ

On a scorching summer day in Darwin, Australia, I stood 10 feet abreast of a 17-foot-long, 1,200-pound adult male saltwater crocodile—the world’s largest reptile. It stared me down with eerie, cat … 続きを読む

カテゴリ 2018年6月号, 英語で読む日経サイエンス

地上最強のアゴ

ワニは現生動物のなかで噛む力が最も強い。著者たちはワニの“かみつく力”を測るスリル満点の研究を行い,水辺の環境を何千万年も支配してきた摂食生体力学を解明,その進化を読み解いた。また,これらのデータを用いて恐竜ティラノサウ … 続きを読む

カテゴリ 2018年6月号, 記事

How Snakes Came to Slither / ヘビが手足を失ったわけ

A Chinese riddle invites one to guess the identity of runners without a leg, swimmers without a flipper, gliders without a wing. The answer, of course, is snakes. Today more than 3,000 species share a … 続きを読む

カテゴリ 2018年4月号, 英語で読む日経サイエンス

ヘビが手足を失ったわけ

ヘビの体形は脊椎動物の標準とはかけ離れている。手足のないこの極端な体形はなぜ,どのように進化したのか? 陸に穴を掘ってすむようになる過程で四肢を失ったという説と,海で泳ぐためにこの形質を進化させたという説がある。どちらの … 続きを読む

カテゴリ 2018年4月号, 記事

社会性と脳の大きさ〜日経サイエンス2018年3月号より

クジラとイルカの社会行動はその脳の大きさに対応している   シャチには群れごとに方言があり,マッコウクジラは互いに子守りをしあい,ハンドウイルカは別種の動物と協力する。最近のNature Ecology and … 続きを読む

カテゴリ 2018年3月号, News Scan

地下にいた始原生命体

これまで知られている微生物より微小で,ゲノムサイズもかなり小さく,生物にとって必須とされる遺伝子の多くが欠落している奇妙な微生物群の存在が明らかになった。CPRと略称されるこの微生物群は,土壌などの一般的な環境では少数派 … 続きを読む

カテゴリ 2018年3月号, 記事

男女関係の神話

古典的な進化論的説明によると,男女の行動の違いは進化の過程で獲得した動物全般に見られる行動パターンを反映している。この見方によれば,多くのジェンダーギャップは“自然”だ。例えば男性は向こう見ずで多くの女性と関係を持ちたが … 続きを読む

カテゴリ 2018年1月号, 記事

ダンスの進化 人はなぜ踊るようになったのか

盆踊りからアルゼンチンタンゴ,ブレイクダンス,クラシックバレエまで,あらゆる文化で踊りは重要な役割を演じている。ダンスをする能力は,筋肉を制御する運動ニューロンと,感覚ニューロンで検出した聴覚信号を「同調」させる神経的な … 続きを読む

カテゴリ 2017年11月号, 記事

Missing Links / ヒトらしさを生んだ遺伝子欠失

大きな脳などの特徴をヒトは進化の過程でどのように獲得したのか? それらのもとになる遺伝子を新たに獲得したのだろうと考えがちだが,そうではないようだ。近年のゲノム解析で,他の哺乳動物にあってヒトでは失われたDNA配列が50 … 続きを読む When we visit a zoo and peer at our closest living relatives, the great apes, two things reliably captivate us. One: they look so very much like people. The expressive faces and the grasping hands of … 続きを読む

カテゴリ 2017年10月号, 英語で読む日経サイエンス

ヒトらしさを生んだ遺伝子欠失

大きな脳などの特徴をヒトは進化の過程でどのように獲得したのか? それらのもとになる遺伝子を新たに獲得したのだろうと考えがちだが,そうではないようだ。近年のゲノム解析で,他の哺乳動物にあってヒトでは失われたDNA配列が50 … 続きを読む

カテゴリ 2017年10月号, 記事

サメの祖先に手がかり〜日経サイエンス2017年8月号より

4億年前の古代魚の化石にサメと硬骨魚の両方の特徴が見つかった   サメの進化について科学的なことはほとんどわかっていない。「軟骨が奇妙な組織である」のが一因だと,ニューヨークにあるアメリカ自然史博物館の古生物学 … 続きを読む

カテゴリ 2017年8月号, News Scan

サメの祖先に手がかり〜日経サイエンス2017年8月号より

4億年前の古代魚の化石にサメと硬骨魚の両方の特徴が見つかった   サメの進化について科学的なことはほとんどわかっていない。「軟骨が奇妙な組織である」のが一因だと,ニューヨークにあるアメリカ自然史博物館の古生物学 … 続きを読む

カテゴリ 2017年8月号, News Scan

キツネがイヌに化けるまで

「人類最良の友」といわれるイヌは野生のオオカミを人間が家畜化したものと考えられているが,具体的にどう飼い慣らしたのか,どのくらいの期間がかかったのかなど,その詳細は歴史のなかに失われてしまった。そこでオオカミからイヌへの … 続きを読む

カテゴリ 2017年8月号, 記事

 

1 / 912345...最後 »