タグ : 蜂群崩壊症候群

蜂群崩壊から農業を救え

 ミツバチが消える「蜂群崩壊症候群」という謎の病気が問題になっている。米国では多くの作物の受粉を,養蜂家が育てているセイヨウミツバチに頼っているためだ。そこで,様々な野生のハチを農地に呼び戻す試みが始まった。作物の収穫量 … 続きを読む

カテゴリ 2013年12月号, 記事

アグリバイオーム 微生物が作物を育む

 「緑の革命」に続く農業革命が実現するかどうかは,アグリバイオームと呼ばれる作物に共生する微生物集団をどう活用するかにかかっている。作物の重要な栄養素であるリン酸塩の吸収を手助けする真菌類,作物とともに厳しい生育環境に耐 … 続きを読む

カテゴリ 2013年12月号, 記事

蜂群崩壊症群 消えたミツバチの謎

 2007年から2008年にかけて米国では授粉用に飼育されているミツバチの3割以上が姿を消した。コロニー崩壊は徐々に起きていたが,これほど劇的な死滅は2007年冬が初めて。世界の農産物の1/3は養蜂家が育てたミツバチに授 … 続きを読む

カテゴリ 2009年7月号, 記事