タグ : 脳

脳の遺伝子アトラス

 ヒトの脳のどこでどの遺伝子が働いているかを調べて全体像を地図にする「脳遺伝子アトラス」プロジェクトによって,典型的な成人6人の遺伝子発現マップが作られた。これに先立って完成していたマウスの脳に関する遺伝子発現マップと比 … 続きを読む

カテゴリ 2014年7月号, 記事

サブリミナル効果の真実

 数十年間,一般大衆はサブリミナル広告を洗脳と同種のものとみなして恐れてきた。科学者たちは概ね,サブリミナル広告を根拠のないものとみなしてきたが、最近の研究結果によると,スクリーンやコンピューターのモニター上に明滅するサ … 続きを読む

カテゴリ 2014年2月号, 記事

プラセボ効果の脳科学

プラセボ効果として知られる偽の治療が驚くほど効くことがある。例えば,うつ病に対する偽薬の効果が,抗うつ剤を使う場合の80%を超える例がある。偽薬は,脳において期待や注意,情動をつかさどる各回路を働かせている。将来,医師た … 続きを読む

カテゴリ 2014年2月号, 記事

陰謀論をなぜ信じるか

 NASAはアポロの月着陸を捏造したのか? 米国政府はエリア51に火星人を隠しているのか? 地球温暖化はでっち上げなのか? いずれも答えは「ノー」だが,陰謀論というサブカルチャーに入れあげている人たちは逆を主張してやまな … 続きを読む

カテゴリ 2014年2月号, 記事

超常現象が見える理由

 透視能力やテレパシーといった超自然的な力,幽霊の存在──多くの人がそうしたものを信じている。様々な人が超常現象を体験したと報告しているが,そうした体験は私たちの日常生活における意思決定を助けているのと同じメカニズムから … 続きを読む

カテゴリ 2014年2月号, 記事

匂いと記憶の深い関係

匂いに結びついた記憶は他の記憶よりも強い場合がある。匂いと記憶の間に見られるつながりはアリストテレスが紀元前4世紀に指摘しているが,近年の心理学や脳科学の研究によって詳細が明らかになってきた。想起される視覚的記憶のほとん … 続きを読む

カテゴリ 2013年9月号, 記事

チャウシェスクの子どもたち 育児環境と発達障害

 孤児院の養育環境は愛情に欠けている例が多いとされ,施設養育が実の親や里親による世話に遠く及ばないことを示す調査研究が1960年代からいくつかあった。しかし,そもそも里子に選ばれた子供は問題が少なく,問題の多い子が施設に … 続きを読む

カテゴリ 2013年8月号, 記事

既成概念をオフ サヴァンに学ぶ独創のヒント

 サヴァン症候群の人たちは特定の分野に関して極めて優れた能力を持っている。多くの人々と異なり,事実を文字通りに受け止め,既成概念のフィルターに通さないような認知スタイルを取っているらしい。通常なら優勢な脳の左半球の機能が … 続きを読む

カテゴリ 2013年6月号, 記事

創造性の起源

 天才を生み出す要因には遺伝と経験がある。創造的な業績は,特定分野での知識習得なしには達成できないが,限られた専門知識で短期間に多くの業績を上げるには遺伝的要因が助けになる。天才は,潜在的にはネガティブな特性を精神病患者 … 続きを読む

カテゴリ 2013年6月号, 記事

特集:天才脳の秘密

 天才と呼ばれる人の脳は,普通の人とは違っているのか? 脳の使い方が違うから常人にはまねのできない閃きや,けた外れに高い知性が生みだされるのか? 創造性の源泉について長く研究してきた心理学者や脳科学者が最近注目しているの … 続きを読む

カテゴリ 2013年6月号, 記事

快楽の神経回路

 快感は生きる上で必須の感覚だ。快感があるからこそ,食べ物やセックス,社会的交流などに関心を持ち,それを維持しようとし続ける。最近の研究で,私たちの脳内には刺激されると快感が高まる領域,いわば快感の回路が存在することがわ … 続きを読む

カテゴリ 2013年1月号, 記事

睡眠者の殺人 意識と無意識の境界を問う

 睡眠中に妻を殺害して罪に問われた男性がいる。眠っていたのは妻の方ではなくて,手を下した本人がそう主張する。しかし,人を殺すことができたとすれば,その人はその時に起きていたというほかはないのではないか?実は,睡眠中の暴力 … 続きを読む

カテゴリ 2012年12月号, 記事

脳丸ごとシミュレーター

 世界の約130大学が参加,人間の脳の完全なシミュレーターを開発する「ヒト脳プロジェクト」が実現に向けて動き始めた。脳にある100兆個のシナプスの接続を測定するのは不可能で,コンピューターで再現できない。そこでプロジェク … 続きを読む

カテゴリ 2012年11月号, 記事

胃腸と脳の意外なつながり

 私たち人間の胃腸にすみついている細菌などは,消化を助けたり免疫系の働きに影響を及ぼしたりしているだけではない。私たちの神経系と相互作用しうる化合物を作り出している。ここ2〜3年で,人体にすむこうした微生物が私たちの気分 … 続きを読む

カテゴリ 2012年10月号, 記事

恐怖の記憶を消す薬

 事故に遭ったり,暴力を受けたときの恐怖の記憶に長い間苦しむ人がいる。忘れたくても忘れられず,大きな音を突然聞いたことなどをきっかけに,つらい記憶が鮮明によみがえってパニックを起こすケースもある。現在は心理療法で苦しみを … 続きを読む

カテゴリ 2012年8月号, 記事