タグ : 肥満

なぜ太ってしまうのか

 人類の誕生から現在に至るまでのほとんどの期間において,食物はまさに“食べられる時に食べるもの”だった。ヒトは食物がときどきしか手に入らない環境で進化したので,食べるものがない時に備えて摂取エネルギーを蓄える能力が生き残 … 続きを読む

カテゴリ 2007年12月号, 記事

過食を生む脳

 強迫性の過食症と,薬物依存。両者に脳の一部が共通してかかわっていることが明らかになり,肥満の理解と治療に新たな手がかりが得られつつある。依存症研究の第一人者で米国立薬物乱用研究所の所長を務めるボルコフ(Nora D. … 続きを読む

カテゴリ 2007年12月号, 記事

それでも8億人は飢えている

 あなたがこの記事を読む30分ほどの間に360人の乳幼児が飢えと栄養失調で死んでいく。1分間に12人,それも絶え間なしに。1年間で600万人以上が亡くなる計算だ。しかし,これは氷山の一角にすぎない。世界人口の約1/8にあ … 続きを読む

カテゴリ 2007年12月号, 記事

農業革命の種をまく 組み換え作物を生かす道

 今日,8億人が飢えているとはいえ56億人の食は足りている。これに対し,1960年当時の世界人口は約30億人で,そのうち,きちんとものを食べていたのは20億人にすぎない。食糧供給がこれほど劇的に増えた背景には農業技術の発 … 続きを読む

カテゴリ 2007年12月号, 記事

肥満は本当に健康に悪いのか?

 米国では,成人の10人に6人は「太り気味(過体重)」または「肥満」に分類される。太った人の大部分にとって余分な脂肪は本当に健康上の重大なリスクなのだろうか?太り気味や肥満とされる人が無理な食事制限をしたり,減量を試みる … 続きを読む

カテゴリ 2005年10月号, 記事