タグ : 睡眠

パンデミックが変えた睡眠と夢

COVID-19は,私たちの夢の世界を変えた。ロックダウンによって,多くの人がよく長く,より遅くまで眠るようになった。中国では就寝時刻が1週間の平均で26分,起床時刻が72分遅くなり,同様の傾向はイタリアや米国にも見られ … 続きを読む

カテゴリ 2020年12月号, 最新号の紹介, 記事

片目を開けて眠る動物たち 半球睡眠

動物に睡眠は不可欠だが,睡眠中は周囲の環境を認識できなくなり,捕食者に狙われやすくなる。一部の動物はこの問題を解決するため,片方の脳半球が寝ずの番をしながら,他方の脳半球を眠らせる能力を発達させた。

カテゴリ 2019年10月号, 記事

実験で明かす睡眠と記憶

睡眠学習はかつて米国でブームになったが,1950年代に睡眠中に聞いたことは記憶されないことがわかると,期待は急速にしぼんだ。だが最近の神経科学の研究から,学習の重要な部分が睡眠中に起こることが示された。目覚めている間の新 … 続きを読む

カテゴリ 2019年6月号, 記事

眠気の正体に脳科学で迫る

誰もが知っており,毎日やっているのに,その仕組みや理由がよくわからない。そんなものの代表例が「睡眠」だ。クラゲ,線虫,魚,トカゲ,鳥,ネズミ,そして人間まで,多くの動物が睡眠をとる。忍び寄る天敵の足音に気づかないまま命を … 続きを読む

カテゴリ 2019年6月号, 記事

体内時計が壊れると 非24時間睡眠覚醒症候群

 人体内部の動きは概日リズムと呼ばれる日周サイクルによっている。夜間の照明や夜更かしの生活が,こうした体のリズムを乱し,糖尿病,がん,うつ状態,さらには不妊のリスクを上げることがわかってきた。体のリズムを健全な状態に調整 … 続きを読む

カテゴリ 2016年1月号, 記事

記憶・免疫・ホルモンを活性化 睡眠パワーに迫る

 ぐっすりと眠った翌朝は気分爽快,今日も一日頑張ろう!という気持ちになれる。これは気分だけの話ではなく,睡眠には身体の様々な機能を充実させる効果があることが科学的に解明されつつある。最も注目されているのは記憶を向上させる … 続きを読む

カテゴリ 2016年1月号, 記事

特集:なぜ眠るのか

私たちは人生のかなりの割合を眠りに費やしている。なぜ毎晩眠る必要があるのか,その理由はまだ厳密にはわかっていないが,睡眠がホルモンのバランスから免疫による体の保護に至るまで,体の様々な機能に影響を及ぼすことが明らかになっ … 続きを読む

カテゴリ 2016年1月号, 記事

特集:眠りと夢の脳科学

 人や多くの動物は,なぜ毎日長い時間をかけて睡眠をとるのか? 疲れた体や脳を休めるためだけではないらしい。睡眠中,脳は覚醒時よりも活発に働いていることがあり,その時に脳内で行われている作業が,人や動物の生存に重要な役割を … 続きを読む

カテゴリ 2013年11月号, 記事

眠りが刈り込む余計な記憶

 試験勉強で暗記したことは一晩眠ることで忘れにくくなる――。睡眠によって記憶が定着することはよく知られているが,その時に脳の中でどんな作業が行われているのか? 従来は睡眠中に脳の神経細胞の結合がいっそう強まって記憶が強化 … 続きを読む

カテゴリ 2013年11月号, 未分類, 記事

夢が教える発想

 科学者や芸術家が夢の中から発見のヒントや制作のアイデアを得たという話が数多くある。ベートーベンやポール・マッカートニーは、目覚めた時に新しい楽曲が湧いて出たという。数学者が見た夢に同僚の研究者が現れて,問題の解法を教え … 続きを読む

カテゴリ 2013年11月号, 記事

明晰夢の効用

明晰夢は、今夢を見ていることが自分でわかり,時にはそのストーリーを自分の思うように操作できるという特別なタイプの夢だ。明晰夢は最近まで,好奇の対象として考えることが多かったが,この夢を活用することで,心の治療やスポーツの … 続きを読む

カテゴリ 2013年11月号, 記事

睡眠者の殺人 意識と無意識の境界を問う

 睡眠中に妻を殺害して罪に問われた男性がいる。眠っていたのは妻の方ではなくて,手を下した本人がそう主張する。しかし,人を殺すことができたとすれば,その人はその時に起きていたというほかはないのではないか?実は,睡眠中の暴力 … 続きを読む

カテゴリ 2012年12月号, 記事

眠りの効用〜日経サイエンス2011年3月号より

睡眠が脳の機能を回復させるのはなぜか 透明な熱帯魚を使った実験が疑問に迫る    睡眠の効用は当然に思えるが,睡眠が脳の活動を細胞レベルでどのように改善しているのかについては,長年にわたる科学議論がなお続いてい … 続きを読む

カテゴリ 2011年3月号, News Scan

依存症を眠らせろ〜日経サイエンス2010年9月号

新タイプの睡眠薬は薬物依存を抑える効果もあるようだ    夜に熟睡できれば,朝一番のコーヒーがほしくてたまらないという気分が少し和らぐだろう。そして,自然な眠りを誘う新タイプの睡眠薬には,朝のコーヒー依存を解消 … 続きを読む

カテゴリ 2010年9月号, News Scan

昼寝で記憶が向上〜日経サイエンス2008年7月号より

たった6分間うたた寝しただけでも効果あり    昼食後にうたた寝の誘惑に屈したら,上司の機嫌を損なうことになるだろう。だが,最新の研究結果からすると,むしろ褒められるべきかもしれない。  睡眠が記憶を強化するこ … 続きを読む

カテゴリ 2008年7月号, News Scan