タグ : 生体力学

地上最強のアゴ

ワニは現生動物のなかで噛む力が最も強い。著者たちはワニの“かみつく力”を測るスリル満点の研究を行い,水辺の環境を何千万年も支配してきた摂食生体力学を解明,その進化を読み解いた。また,これらのデータを用いて恐竜ティラノサウ … 続きを読む

カテゴリ 2018年6月号, 記事

トカゲのしっぽ振り〜日経サイエンス2018年2月号より

尾の喪失にどう適応しているか   アフガニスタンの高原で,腹をすかせたキツネがおいしそうなヒョウモントカゲモドキに飛びかかった。だがこのトカゲは窮地を脱する魔法の切り札を持っている。しっぽ切りだ。地面に落ちた尾 … 続きを読む

カテゴリ 2018年2月号, News Scan

クラゲの圧力遊泳術

クラゲは四六時中,餌を探して水中を動き続けている。遊泳に費やすサイズあたりのエネルギーは海の生物のなかで最も少なく,効率的だ。いったいどのようにして? 米国の研究チームはクラゲの水槽に小さなビーズを浮遊させ,レーザー光で … 続きを読む

カテゴリ 2016年9月号, 記事

恐竜の歩き方〜日経サイエンス2015年8月号より

恐竜が四足歩行に移行した過程を現代のワニから推定   かつてはどの恐竜も二足歩行をしていた。だが一部の恐竜が,安定性を増すため時には4本足すべてを地につけて休んだり走ったりして,ついには四足歩行に進化した。この … 続きを読む

カテゴリ 2015年8月号, News Scan