タグ : 火星

火星生命を探すには

キュリオシティなど最新の探査機は火星にかつて水が流れていた証拠をつかんだが,撮影された画像はやはり荒涼とした世界で,生物の影は見られない。1970年代のバイキング1号と2号も生命の証拠を発見できなかった。火星に生命は存在 … 続きを読む

カテゴリ 2014年9月号, 記事

塩水が刻む火星の地形

 新しい探査機が火星に行くたびに「水を発見」というニュースが報じられるが,それらは遠い昔に水があった,あるいは現在の火星に氷や水蒸気などが存在するという意味で,液体の水が地表を流れているのが確認されたわけではない。一方, … 続きを読む

カテゴリ 2013年10月号, 記事

宇宙船新人類

 2011年にスペースシャトル「アトランティス」が地球に帰還してゆっくり停止したとき,人類の宇宙飛行の幕が下りたのではないかと心配する人もいた。だが,そうではなかった。恐竜の絶滅が初期の哺乳動物に繁栄をもたらしたように, … 続きを読む

カテゴリ 2013年9月号, 記事

キュリオシティー 火星着陸へ

 昨2011年11月に打ち上げられ火星に向かっていた米航空宇宙局(NASA)の探査機マーズ・サイエンス・ラボラトリー(愛称「キュリオシティー」)が日本時間の8月6日にいよいよ火星に着陸する。かつての火星は生物がすめる環境 … 続きを読む

カテゴリ 2012年9月号, 記事

Digging Mars / 進む生命探査 フェニックスからキュリオシティーへ

This month NASA plans to launch its latest and most sophisticated mission ever to the Red Planet: the Mars Science Laboratory. After a dramatic landing in Gale Crater using a skycrane for the final de … 続きを読む

カテゴリ 2012年2月号, 英語で読む日経サイエンス

有人飛行は“飛び石作戦”で

 火星への有人飛行を実現するための最大の障壁は技術ではない。予算だ。かつては国を挙げて月への一番乗りを目指したアメリカだが,今では宇宙開発も時の政治や経済の状況に大きく左右される。目的地を1カ所に定め,そこへの到達にすべ … 続きを読む

カテゴリ 2012年2月号, 記事

生命は火星からやって来た?

 地球の生命は火星で生まれたのだろうか? この疑問はここ20年間にSFの世界から飛び出し,科学の本流で真剣に議論されるようになった。実際,火星の石が地球に飛来した例が見つかっているし,年間に1トンもの火星由来の物質が地球 … 続きを読む

カテゴリ 2012年2月号, 記事

進む生命探査 フェニックスからキュリオシティーへ

 最新鋭の分析装置群を搭載した火星探査車マーズ・サイエンス・ラボラトリー(キュリオシティー)が2011年11月に打ち上げられた。最新の分析装置で火星の土壌を調べ,生命の痕跡を探すことになっている。キュリオシティーが挑むテ … 続きを読む

カテゴリ 2012年2月号, 記事

特集:NASAが目指す火星への道

 最新の火星探査車「キュリオシティー」が先ごろ打ち上げられた。2012年8月に火星に着陸し,生命存在の可能性を詳しく調べる予定だ(イラストは想像図)。近年の無人探査車の活躍で進展してきた火星の科学は新段階を迎えようとして … 続きを読む

カテゴリ 2012年2月号, 記事

月に行った科学者が語る火星への道

 冷戦時代,米ソで始まった有人宇宙開発は日本や欧州,中国が加わるなど,すそ野が広がってきた。しかし,地球からの到達距離で考えれば,現状は40年前と比べて大きく後退したままだ。約40年前,アポロ計画の宇宙飛行士12人が月に … 続きを読む

カテゴリ 2009年10月号, 記事

昔の火星は酸性雨?〜日経サイエンス2008年6月号より

火星がかつて温暖だったとしたら,それは酸性雨のおかげらしい      火星には水の痕跡があふれている。川が大地を削ってできた深い谷,巨大な三角州,かつての海が干上がった跡など,この惑星の大部分が10億 … 続きを読む

カテゴリ 2008年6月号, News Scan

火星とタイタン メタンは生命の徴候?

 現在も存在するか,それとも絶滅しているのかはさておき,地球以外に太陽系で生命が存在する可能性が最も高い惑星は火星といえるだろう。惑星の形成過程,惑星誕生直後の環境,貯水源や火山,地質学的過程など多くの点で火星は地球に似 … 続きを読む

カテゴリ 2007年8月号, 記事

火星の海の歴史

 2005年2月時点で,マーズ・エクスプロレーション・ローバー「スピリット」はすでに1年以上もの間,火星のグセフ・クレーター内を調査し続けていた。このクレーターは深さ2kmでコネティカット州ほどの面積(東京都の約7倍)を … 続きを読む

カテゴリ 2007年3月号, 記事

ドキュメント 火星着陸を支えた科学者たち

 米国の探査車スピリットとオポチュニティーが火星着陸を果たした。一部機器が不調に見舞われたものの,鮮明な画像が次々と送られてきている。しかし,探査はこれからが本番だ。NASAの科学者たちの挑戦がいまも続いている。 探査車 … 続きを読む

カテゴリ 2004年4月号, 記事

米探査機 火星着陸

 米国の火星探査機マーズ・エクスプロレーション・ローバー1号が1月3日,火星表面に無人探査車スピリットを着陸させた。高性能カメラを積んだスピリットは火星の鮮明な画像を送り始めており,今後送られてくるデータから水の存在や生 … 続きを読む

カテゴリ 2004年3月号, 記事