タグ : 植物学

サツマイモの警告〜日経サイエンス2020年5月号より

ある品種は仲間から警告を受けるとすぐに防御物質を作り始める   ある種のサツマイモは葉が虫などにかじられると強い匂いの化学物質を放出し,自分だけでなく近くにあるサツマイモの葉にも,消化を妨げる防御タンパク質を作 … 続きを読む

カテゴリ 2020年5月号, News Scan

ヒ素を食べるシダ〜日経サイエンス2019年11月号より

この植物の遺伝子を利用すればヒ素を含む土壌や水を浄化できるかも   世界で数百万人がヒ素に汚染された地下水や土壌に苦しめられている。この物質が飲み水や作物に入り込むと,皮膚病変やがんなどの病気を引き起こす場合が … 続きを読む

カテゴリ 2019年11月号, News Scan

警戒する植物〜日経サイエンス2018年7月号より

動物がいるだけで様々な防御機構が発動する    植物は逃げも隠れもできないので,動物に食べられるのを避けるには別の戦略が必要だ。動物の唾液がかかったり動物にかじられたり卵を産みつけられたり,襲撃の確かなシグナル … 続きを読む

カテゴリ 2018年7月号, News Scan

コーヒーを救え

 いま世界で栽培されているコーヒーノキは温暖化に伴って広がる「コーヒーさび病」などの病虫害によって深刻な危機にさらされている。栽培種はほぼすべてがエチオピアに生えていたほんの少数の株に由来しており,遺伝的に均質すぎて多様 … 続きを読む

カテゴリ 2015年4月号, 記事

年輪は語る

 年輪は他の多くの生物体と同様,芸術家と科学者の想像力に語りかける。左の画像を撮影するため,コネティカット州在住の芸術家ギル(Bryan Nash Gill)はヤナギの倒木を輪切りにして磨いた後,断面を焦がして木目を際立 … 続きを読む

カテゴリ 2013年8月号, 記事

The End of Orange Juice /

One day in 2005, just before Hurricane Katrina blew through Florida and devastated New Orleans, Susan Halbert stood before a pomelo tree on a farm outside Miami. Something about this tree did not look … 続きを読む

カテゴリ 2013年7月号, 英語で読む日経サイエンス

オレンジを襲うグリーニング病

朝食に添えられた1杯のオレンジジュースは気分を爽やかにしてくれるが,そのささやかな楽しみに危機が忍び寄っているのをご存知だろうか。世界のオレンジ大産地である米国のフロリダ州とカリフォルニア州に「カンキツグリーニング病」と … 続きを読む

カテゴリ 2013年7月号, 記事

匂いを嗅ぐ植物

 植物には鼻がないし,神経も脳もないのに,ちゃんと匂いを感じている!? そんなバカなと思うかもしれないが,匂いを手がかりに伸び方を変える植物や,匂い物質で一種のコミュニケーションをしている植物があり,その詳細がわかってき … 続きを読む

カテゴリ 2012年9月号, 記事

変化アサガオの歴史と遺伝学

夏の朝を彩るアサガオは,多くの日本人にとって非常に親しみのある植物だ。だが,普段見慣れた大輪の丸い花以外にも,さまざまな姿のアサガオがあることをご存じだろうか。ここで紹介する写真や絵のほとんどは,アサガオ(学名:Ipom … 続きを読む

カテゴリ 2001年9月号, 記事