タグ : 技術革新

特集:5年後の世界を変える10の科学技術

科学技術は近未来の私たちの暮らしをどのように変えるだろうか? SCIENTIFIC AMERICAN編集部が世界経済フォーラムの専門家グループと協力して選定した影響力の大きな10件のイノベーションを紹介する。人工知能(A … 続きを読む

カテゴリ 2019年3月号, 記事

世界のイノベーション10

SCIENTIFIC AMERICANと世界経済フォーラムの専門家が世界を一変する可能性を秘めた10件のエマージングテクノロジーを選定した。病気の予防と治療に関しては,より優れた生検法やDNAワクチン,ヒト細胞アトラス計 … 続きを読む

カテゴリ 2018年3月号, 記事

SCIENTIFIC AMERICANが選ぶ10大イノベーション

世界を大きく変える可能性を秘めた発見・発明が年ごとに出現する。SCIENTIFIC AMERICANはそうした事例を毎年いくつか選んで紹介してきた。2016年に注目された10件をリポートする。大気中から二酸化炭素を吸って … 続きを読む

カテゴリ 2017年3月号, 記事

未来を拓くイノベーション10

世界を大きく変える可能性を秘めた発見・発明が年ごとに出現する。2015年に注目された事例から10件を厳選し,近未来の社会に与えるインパクトを展望する。   ・目で機械をコントロール ・マイクロ波ロケット ・ウイ … 続きを読む

カテゴリ 2016年3月号, 記事

The Gene Genie / ゲノム科学を変えるCRISPR

The age of genetic engineering began in the 1970s, when Paul Berg spliced DNA from a bacterial virus into a monkey virus and Herbert W. Boyer and Stanley N. Cohen created organisms in which introduced … 続きを読む

カテゴリ 2015年3月号, 英語で読む日経サイエンス

原子サイズのレゴブロック

材料科学者は今,原子サイズのレゴブロックからインスピレーションを得ている。厚みが原子1個ほどのシート材料で,設計通り正確な順序で積み重ねることができる。構造をかつてないほど細かく制御できるため,これまでは不可能だった電気 … 続きを読む

カテゴリ 2015年3月号, 記事

発想が光るアイデア

 ほかにもブレイクスルーはいろいろある。生きた細胞の働きを変えるための新手法,あなたの視力に合わせて見え方を補正する表示画面,唾液で発電する燃料電池,リサイクル可能な超硬質プラスチック,低品質廃熱を回収する技術など,発想 … 続きを読む

カテゴリ 2015年3月号, 記事

特集:未来を拓くイノベーション

 どの科学的発見が世界を変えるかを予測するのは,おそらく愚かな試みだ。未来がどうなるかなど,わかりっこない。だが毎年,非常にエキサイティングな進展や発明がいくつか生まれる。過去1年でいえば,CRISPR(クリスパー)とい … 続きを読む

カテゴリ 2015年3月号, 記事

ゲノム科学を変えるCRISPR

 CRISPR(クリスパー)と呼ばれる新しいゲノム編集方法が生命科学に革命を起こそうとしている。生物のゲノムを改変する方法は1970年代から知られてきたが,DNA上の狙いの場所を切断して改変するためにその都度その配列に合 … 続きを読む

カテゴリ 2015年3月号, 記事

バーチャル設計

高度なシミュレーションを利用すれば,試作モデルを作る前に理想的な製品を絞り込める      エジソン(Thomas Edison)が130年以上前に実用的な電球を発明したとき,彼は試作モデルで何千回も … 続きを読む

カテゴリ 2013年11月号, 記事

ナノマシンの台頭

原子スケールの次世代装置の作製が進んでいる    ここ数十年,工場でのモノ作りは長い組み立てラインを意味してきた。それが多数の作業者(人間であれロボットであれ)が自動車や飛行機などの大きなモノを作るやり方であり … 続きを読む

カテゴリ 2013年11月号, 記事

7つの次世代新素材

世界のモノ作りを変える革新的新素材はこれだ   宇宙服はこれで  超断熱性エアロゲルは体積の85%以上が空気で「固体の煙」の異名を取るが,シリカでできた既存のエアロゲルは安手の発泡スチロールのようにもろい。しか … 続きを読む

カテゴリ 2013年11月号, 記事

ITが生む製造の新形態

 モノ作りは秩序だ。理知的に整えられた秩序である。    自然は人間の好みに合わせて世界をつくってはいないので,私たち人間が整理し直す必要がある。新たな秩序を生み出すには,新秩序に沿ったモノがどんな外観になりそ … 続きを読む

カテゴリ 2013年11月号, 記事

指令役はロボット

 自動機械が工場のラインで決まり切った作業を繰り返すタイプのオートメーションではなく,ロボットと人間の作業者が互いの強みを生かして一緒に作業するほうが効果的な場合がある。例えば難しい位置決めと溶接の作業を,ロボットと人間 … 続きを読む

カテゴリ 2013年11月号, 記事

不可能を形にする3D印刷

 米国立オークリッジ研究所のロボット義手は中世からやってきた観がある。鎖かたびらをまとったその手は,コーヒーカップを持つよりも広刃の剣を振るうのにふさわしそうだ。内部の骨組みと薄い網状の皮膚はいずれも,耐久性と操作性,軽 … 続きを読む

カテゴリ 2013年11月号, 記事