タグ : 宇宙開発

開かれた月面基地 ムーンビレッジ構想 ESA長官に聞く

近年,ほとんどの国は国威発揚だけを目的に単独で宇宙に行くわけにはいかなくなっている。再び他の惑星状天体に旅しようというなら,国際協力が必要となる。この考え方を最も明確に示したのが,欧州宇宙機関(ESA)長官のヴェルナー〔 … 続きを読む

カテゴリ 2019年8月号, 記事

月面争奪戦

多数の国と企業が今後10年内に月ロケットの打ち上げを目指している。国際法によると,宇宙では何者も地所を所有できない。だがその一方で,誰かが先に着陸した場合,他者はその場所を侵害しないようにすべきであると定めている。この点 … 続きを読む

カテゴリ 2019年8月号, 記事

月探査ミッションの通信簿

これまで122件の月探査ミッションのうち,成功と見なされたのは半数を少し上回る程度だ。それらの大半はたった2つの国,米国とかつてのソ連が打ち上げた。この2カ国以外で最初に月を狙ったのは日本で,1990年に探査機「ひてん」 … 続きを読む

カテゴリ 2019年8月号, 記事

アポロ11号 飛行士たちの足跡を追う

近年の衛星画像に基づく3次元コンピューターモデルによって,アポロ11号による月着陸の各段階と探査地域を再現できるようになった。米航空宇宙局(NASA)のルナー・リコネサンス・オービター(LRO)が2012年に撮影した着陸 … 続きを読む

カテゴリ 2019年8月号, 記事

あの「小さな一歩」から

50年前の7月,36階建てビルと同じ高さでゾウ400頭に相当する重さのサターンⅤ型ロケットが,フーバーダム85基分の出力よりも強力な爆発に乗って空をゆっくり上っていった。宇宙空間に達し,地球周回軌道を離脱し,月周回軌道ま … 続きを読む

カテゴリ 2019年8月号, 記事

特集:アポロから半世紀 人類,月へ

アポロ11号で人類が初めて月に立ってから50年になる現在,再び月を目指す動きが急だ。日米欧,中国,インド,イスラエルなどの国々や民間企業も月探査を計画している。アポロから生まれた惑星科学の進展と併せ,新世紀の月探査とその … 続きを読む

カテゴリ 2019年8月号, 最新号の紹介, 記事

次期主力ロケット「H3」開発本番〜日経サイエンス2015年9月号より

2020年度に試験機の打ち上げ目指す   IMAGE:JAXA 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は基本設計を進めている次期主力ロケット「H3」の概要を7月8日に発表した。現在運用中のH2Aロケットと比べて打ち上 … 続きを読む

カテゴリ 2015年9月号, News Scan

米国の巨大ロケット スペース・ローンチ・システム

スペースシャトルの後継とされた「コンステレーション計画」が中止になった後,米国は低軌道への飛行を民間企業に委託するとともに,深宇宙を目指す独自のロケット「スペース・ローンチ・システム(SLS)」を開発している。シャトルの … 続きを読む

カテゴリ 2015年9月号, 記事

宇宙への格安チケット

 民間の宇宙サービスといえば,かつては数千万円をポンと出せるお金持ちのための宇宙観光旅行というイメージだったが,今後は科学者のための席もできそうだ。宇宙へのアクセスを提供する民間企業が,確実に力をつけてきた。低軌道で数分 … 続きを読む

カテゴリ 2013年8月号, 記事

宇宙飛行士に安眠を〜日経サイエンス2013年4月号より

新しい照明で宇宙飛行士は眠りやすくなる    電球1個の交換に何人のNASA技術者が必要か?  米航空宇宙局(NASA)にとってこれは冗談ではなく,国際宇宙ステーションの米国軌道上セグメントの古くなった蛍光灯を … 続きを読む

カテゴリ 2013年4月号, News Scan

みんなの衛星キューブサット

 世界初の人工衛星スプートニクは机にのるほどの大きさだった。以降,大型化の一途をたどり,半世紀後にはサッカーグラウンドほどもある国際宇宙ステーションが地球を周回するようになった。ところがここに来て電子技術の高度化と打ち上 … 続きを読む

カテゴリ 2011年9月号, 記事

宇宙に手が届いた

 開発・打ち上げの費用,締めて550万円なり。東京大学の中須賀研究室は2003年,秋葉原の部品で作った10センチ角衛星「キューブサット」の打ち上げに世界に先駆けて成功し,以来,日本の超小型衛星開発を引っ張ってきた。だがそ … 続きを読む

カテゴリ 2011年9月号, 記事

NASAの新戦略 民間活力で有人飛行

 米オバマ政権は,宇宙開発の戦略を大胆に転換した。国際宇宙ステーションへの往復など地球周回軌道への人や物資の輸送は民間企業に委ねて,NASAは火星への往還などより研究的なミッションに集中する。近く退役予定のスペースシャト … 続きを読む

カテゴリ 2011年4月号, 記事

宇宙滞在138日と「きぼう」完成

 かつて宇宙飛行は日本人にとって“別世界”の話だった。「5歳のとき,人類初の月着陸をテレビで見て宇宙に強いあこがれを抱いた。ただ,宇宙飛行士はアームストロングやガガーリンなど,私たち(日本人)にはわからない言葉を話す人が … 続きを読む

カテゴリ 2010年1月号, 記事

誰でも使える“パーソナル衛星”を作る

 部品は秋葉原,作るのは学生,費用は数百万円から1千万円超。東京大学の中須賀真一さんは,そんな超小型衛星開発の旗頭だ。2003年に初号機の打ち上げに成功し,2010年までに3機を軌道に上げた。すべて現役で運用中だ。 &n … 続きを読む

カテゴリ 2010年1月号, 記事