タグ : 宇宙生物学

線虫に驚異的な加速耐性〜日経サイエンス2018年10月号より

40万Gでも平気   線虫カエノラブディティス・エレガンス(Caenorhabditis elegans)は一流の戦闘機パイロットになれるだろう。生物学研究に広く使われている体長約1mmのこの線形動物は,加速耐 … 続きを読む

カテゴリ 2018年10月号, News Scan

地球型惑星発見で膨らむ生命の期待〜日経サイエンス2011年2月号より

グリーゼ581gの発見が地球外生命の理論研究を刺激中   NASA  天文学者は生命が存在する太陽系外の惑星を長らく探し続けている。去る秋に,暑すぎず寒すぎもしない系外惑星「グリーゼ581g」の報告が入ったとき … 続きを読む

カテゴリ 2011年2月号, News Scan

宇宙で働く微生物〜日経サイエンス2011年1月号より

鉱物抽出に使われる微生物は宇宙でもお役立ち    鉱石から金や銅,ウランなどの金属を取り出すのに微生物が使われているが,最近の研究によると,宇宙でも同様の“バイオマイニング”を利用できそうだ。月や火星で細菌を使 … 続きを読む

カテゴリ 2011年1月号, News Scan

シャドー バイオスフィア 私たちとは別の生命

 生命の起源は解明されていない科学の大問題の1つだ。30年ほど前までは,生命の誕生は奇跡に近い偶然の結果で2回以上も起きたはずはなく,宇宙が広大といえども,生命の星は地球だけ,という考えが有力だった。しかし,今や状況は変 … 続きを読む

カテゴリ 2008年3月号, 記事

エイリアン的生物を探せ〜日経サイエンス2007年12月号より

地球外生命の探索では,私たちの常識を超えた生物も視野に入れるべきだ──米航空宇宙局(NASA)に対して,科学者たちがそんな提言を行った。米国学術研究会議(NRC)の委員会によると,NASAが探索しようとしている地球外生命 … 続きを読む

カテゴリ 2007年12月号, News Scan

地球外生命飛来説を検証する

 地球の生命は地球上で発生し進化した──この想定を疑う科学者はこれまでほとんどいなかった。長い間,最初の生命体は地球上で「自然発生」したとする考えが広く受け入れられてきた。地球上での化学進化の結果,数十億年前についに生命 … 続きを読む

カテゴリ 2006年2月号, 記事

過酷な宇宙で生き残れる場所は

 SFの世界では,星間宇宙を旅する人が銀河系のエキゾチックな場所を訪れ,興味深いエイリアンと出会う。そこには素敵な地名が付けられ,誰かが文明をもたらす。それは銀河系の中心や球状星団だったり,星が形成されつつある場所や連星 … 続きを読む

カテゴリ 2002年3月号, 記事