タグ : 太陽

出生と一族の秘密

太陽はずっと独りぼっちだったわけではなかった。その周辺にはかつて多くの兄弟星が存在した。それらの惑星が太陽系に取り込まれた可能性さえある。太陽とその惑星には,人間に例えれば母にあたる星があった。短い生涯を終えた後に太陽系 … 続きを読む

カテゴリ 2019年3月号, 記事

スーパーフレアの脅威

 ここ300~400年,巨大地震はないから今後も起きないだろう──。そう思っていたところに500~1000年間隔で起きる途方もない地震が再来した。私たちは東日本大震災で日常感覚よりはるかに長い時間スケールで繰り返す自然災 … 続きを読む

カテゴリ 2012年11月号, 記事

特集:コズミックストーム

 宇宙には様々な“風”が吹いている。地上の風は空気の流れだが,宇宙の風は陽子などの電離ガス(プラズマ)の流れだ。太陽からは常時,プラズマが吹き出していて太陽風という。他の恒星の場合は恒星風または星風という。より大きなスケ … 続きを読む

カテゴリ 2012年11月号, 記事

雲と太陽 深い関係

 太陽活動が地球の気候に影響を与える可能性は古くから指摘されてきたが,太陽活動の変化に伴う放射量の変化はごくわずかであり,これで地球表面温度の変化を説明することはできない。デンマーク宇宙研究所の研究者は,全く新しい可能性 … 続きを読む

カテゴリ 2012年8月号, 記事

地球は冷えるか

 太陽活動(太陽の黒点活動)が変わることで地球の気候にどのような影響が出るのだろうか。太陽放射の変化,中でも紫外線の放射量の変化など要因はいくつか考えられるが,最も有力なものとして,銀河宇宙線との関係が注目されている。地 … 続きを読む

カテゴリ 2012年8月号, 記事

活動 未知の領域へ

 太陽の様子がどうもおかしい。太陽活動は近代の観測史上あまり例のない静穏な状態になりつつある。通常の11年周期に沿った活動の上昇が遅れに遅れ,黒点数や太陽風の強さなどの指標がいずれも弱くなっている。太陽活動が非常に静かだ … 続きを読む

カテゴリ 2012年8月号, 記事

特集:太陽異変

 われわれが地球上で生活できるのも太陽の恵みのおかげだ。その太陽の様子がおかしくなってきた。太陽が次第に「元気さ」を失っているのだ。太陽活動の活発さのバロメーターは太陽黒点の多さだが,最近の黒点数は約100年ぶりの低水準 … 続きを読む

カテゴリ 2012年8月号, 記事

巨大太陽嵐に備える

 太陽の活動は,11年周期で活発になる。現在の活動周期は今年の1月に始まった。これから5年にわたり,太陽の活動は次第に活発化するはずだ。太陽表面では高エネルギー粒子と強いX線を発するフレア爆発や,磁場を伴うプラズマ雲の放 … 続きを読む

カテゴリ 2008年11月号, 記事

太陽フレア発生の謎を解く

 太陽を取り巻く大気の最外層(コロナ)で起こる大爆発「フレア」は,たった数分間に原子爆弾数十億個分のエネルギーを放出する。フレアの最中,大量のプラズマ(電離ガス)が突発的に放出されることもある。「コロナ質量放出」と呼ばれ … 続きを読む

カテゴリ 2006年7月号, 記事