タグ : 動物行動学

シャチの悲嘆 死を悼む動物たちPart2

悲嘆など人間の感情を他の動物に帰することについて,科学者はかねて消極的だった。だが近年,動物が死を悼んでいることを示す証拠が蓄積した。実に様々な動物が近しい仲間の死を悲しんでいる。以前は,哀悼行動は霊長類やゾウ,クジラ類 … 続きを読む

カテゴリ 2019年8月号, 最新号の紹介, 記事

認識能力の起源を探る

私たちには生まれた時から,誰に教わらなくてもできることがたくさんある。顔の認識はその1つだ。赤ちゃんがまわりの大人の顔をじっと見つめるのは,目に映る景色の中から顔を検出できている証拠だ。顔認識のプログラムを内蔵したスマー … 続きを読む

カテゴリ 2019年7月号, 最新号の紹介, 記事

テッポウウオの顔認識〜日経サイエンス2019年4月号より

正面でも横顔でも見分けられる   英オックスフォード大学の動物学者ニューポート(Cait Newport)は,研究しているテッポウウオが彼女のことを認識できるのではないかと考えた。この熱帯魚は獲物の昆虫に向かっ … 続きを読む

カテゴリ 2019年4月号, News Scan

近寄らないで!〜日経サイエンス2019年2月号より

言い寄るオスを避けるためにメスのゴキブリは団結する   セクハラに対処するのは人間だけではない。ある新研究によると,メスのゴキブリは言い寄ってくるオスを避けるため,ひとかたまりに寄り集まるらしい。   … 続きを読む

カテゴリ 2019年2月号, News Scan

ハイになって踊るタコ〜日経サイエンス2019年2月号より

幻覚剤がタコに及ぼす影響から社会行動の起源に迫る   最近,幻覚剤のMDMA(「モリー」や「エクスタシー」などとも呼ばれる違法ドラッグ)を数匹のタコに与える実験が行われた。タコ史上最高にハイになった個体を観察し … 続きを読む

カテゴリ 2019年2月号, News Scan

オランウータンはお医者さん〜日経サイエンス2018年7月号より

手足の痛みを治すのに植物の抽出物を使っている   医学は人間だけの専売特許ではない。昆虫から鳥,ヒト以外の霊長類に至る多くの動物が,感染症などの病気を植物や鉱物を使って自分で治療することが知られている。ボルネオ … 続きを読む

カテゴリ 2018年7月号, News Scan

鳥の離婚〜日経サイエンス2018年5月号より

つがいが別れる理由とは?   離婚する動物は人間だけではない。一部の鳥も離婚する。アオガラというシジュウカラの仲間がときどき離婚する理由を,最近の研究が明らかにした。   ここで鳥類学者が意味する“離 … 続きを読む

カテゴリ 2018年5月号, News Scan

キツネザルの食生活〜日経サイエンス2018年4月号より

果物に頼らずにすむように適応   キツネザルはヒトと同じ霊長類だが,奇妙な連中だ。アフリカ大陸の東側にある島国マダガスカルだけに生息しており,なかには冬眠することで知られる種がある。霊長類で冬眠するのはこれらだ … 続きを読む

カテゴリ 2018年4月号, News Scan

踊るクマちゃん〜日経サイエンス2017年10月号より

足跡に匂いのメッセージを残している   クマを研究する生物学者は何十年も前から,クマが愉快な歩き方をすることを知っている。「相撲歩き」や「カウボーイウォーキング」,または単に「くまダンス」など様々な呼び方がある … 続きを読む

カテゴリ 2017年10月号, News Scan

ゾウよけにハチのパワー〜日経サイエンス2017年5月号より

農作物を荒らさぬよう遠ざける    ゾウはネズミを怖がることはないが,この厚皮動物が間違いなく避けて通る小さな動物がいる。ハチだ。自然保護活動家たちはこの恐怖を利用して,ゾウを農作物から遠ざける試みをアフリカで … 続きを読む

カテゴリ 2017年5月号, News Scan

アザラシの時間感覚〜日経サイエンス2017年3月号より

1秒足らずの違いをちゃんと識別   毎日のスケジュールや季節的サイクルに従って行動する動物は数多いが,彼らは短時間の区別,例えば3秒と13秒の区別ができるのだろうか? マルハナバチやハト,ネコなどが,ある程度の … 続きを読む

カテゴリ 2017年3月号, News Scan

新発見! 文化が促すシャチの種分化

新たな生物種が出現するのは,祖先種が地理的な障壁によって2つの集団に隔離されて交配できなくなり,独自の進化の道をたどるからだとされてきた。ところが,これがすんなり当てはまらない例が見つかった。世界の海に生息するシャチは, … 続きを読む

カテゴリ 2017年3月号, 記事

動物の個性と集団行動〜日経サイエンス2017年2月号より

集団にならって変わる場合もあるが基本的には一貫している   ペットの飼い主なら誰でも,個性を持つ動物は人間だけではないというだろう。それもイヌやネコに限らない。近年の研究で,ヤドカリからネズミや魚まで多くの生物 … 続きを読む

カテゴリ 2017年2月号, News Scan

ナマケモノの勤勉な進化〜日経サイエンス2017年2月号より

その極端に低い代謝率は不断の適応の産物だ   Carol Schaffer ウィスコンシン大学マディソン校のチームがミユビナマケモノを7年間研究した末,樹上にすむこの動物は地球上で最ものろい哺乳動物であると公式 … 続きを読む

カテゴリ 2017年2月号, News Scan

シカは南北方向へ逃げる〜日経サイエンス2016年12月号より

磁気感覚を備えているのだろうか?   のんびり草を食べているシカが何かに驚くと,群れ全体が一斉に整然と走り出す。恐怖にかられパニック状態に陥っていてもおかしくない動物たちが,どうやって互いにぶつからず整然と逃走 … 続きを読む

カテゴリ 2016年12月号, News Scan