タグ : 健康

1 / 41234

この水は危険か? 米国のパーフルオロ化合物汚染

飲料水にパーフルオロ化合物(PFC類)が見つかる米国の自治体が増えている。PFC類は炭化水素の大半の水素原子をフッ素原子で置き換えた人工の化合物で,多くの消費財の製造に使われてきたが,動物実験で健康への影響が示唆されたこ … 続きを読む

カテゴリ 2017年8月号, 最新号の紹介, 記事

医療用アイソトープが足りない テクネチウム危機

テクネチウムという物質をご存じだろうか? テクネチウムは原子番号43の元素で天然にはほとんど存在しない。しかしテクネチウム99mという放射性同位体は医療画像の撮影に不可欠で,心臓や血管の障害,骨腫瘍などの診断検査に使われ … 続きを読む

カテゴリ 2017年6月号, 記事

うつ病治療に運動を取り入れる

運動が軽・中度のうつ病治療に有効であることを示す証拠が蓄積している。運動はストレスに対する生化学的な回復力を強め,新たな脳細胞の成長を促し,自己肯定を高める。精神疾患の背景にある遺伝的リスクを相殺する可能性さえある。逆も … 続きを読む

カテゴリ 2017年4月号, 記事

血液がん治療に新手法の可能性〜日経サイエンス2017年3月号より

アミノ酸「バリン」が造血幹細胞に及ぼす影響に着目   白血病など「血液のがん」を治療するのに,特別の食事制限が利用される日がくるかもしれない。「バリン」という必須アミノ酸が造血幹細胞の生成に重要な役割を果たして … 続きを読む

カテゴリ 2017年3月号, News Scan

枯葉剤エージェントオレンジの霧

ベトナム戦争の際に米軍が散布した枯葉剤「エージェントオレンジ」は猛毒のダイオキシンを含んでいたため,先天性奇形など悲惨な障害を引き起こした。その影響は現在に及んでいる可能性がある。ベトナムの医師たちによると,曝露した人の … 続きを読む

カテゴリ 2017年3月号, 記事

The Right Pill for You / ぴったりの薬を選ぶ ゲノム薬理検査

Korei Parker is a boisterous seven-year-old with an infectious smile who improvises her own songs and loves to share them out loud. On an April day two years ago in Memphis, Tenn., where she lives, Ko … 続きを読む

カテゴリ 2017年1月号, 英語で読む日経サイエンス

120歳時代 健康寿命を延ばす道

これまでで最も長生きした人は,とあるフランスの女性で,1997年に122歳で亡くなった。現在最高齢の男性はイスラエルに住む112歳。こうした百寿者は普通の人よりも老化が実際に遅いようだ。極端なカロリー制限が細胞の寿命に影 … 続きを読む

カテゴリ 2017年1月号, 記事

ぴったりの薬を選ぶゲノム薬理検査

医薬品のなかには,患者の体質によって深刻な副作用を生じるものがある。当人の遺伝子が影響するためで,多くの患者が潜在的な危険にさらされている。これに対し,遺伝子が医薬品の作用にどう影響するかを研究する「ゲノム薬理学」の進展 … 続きを読む

カテゴリ 2017年1月号, 記事

乳房にマイクロバイオーム〜日経サイエンス2016年12月号より

乳がんリスクを左右している可能性も   人体のマイクロバイオーム(人体で繁殖している細菌群)に関する研究が爆発的に増えているが,その主役は腸内細菌叢だ。だがApplied and Environmental M … 続きを読む

カテゴリ 2016年12月号, News Scan

自閉症者の優れた聴覚〜日経サイエンス2016年11月号より

音声が伝える感情を鋭くとらえている  「顔は心の指標」といわれるが,自閉症者は顔の表情から喜びや悲しみなどの感情を読み取れない場合がしばしばだ。多くの研究者はこれを,自閉症者に社会的情報の処理に関する重大な欠陥がある証拠 … 続きを読む

カテゴリ 2016年11月号, News Scan

バイオフィルムを突破する酵素〜日経サイエンス2016年10月号より

細菌軍の城壁を作る糖を断ち切って攻撃の突破口を開く作戦    細菌は粘着性だ。私たちが定期的に歯科医院で歯から細菌を掻き落としてもらうのもこのため。歯垢は最もよく知られたバイオフィルムの例だが,同様の粘着性の細 … 続きを読む

カテゴリ 2016年10月号, News Scan

胃薬が起こす腸トラブル〜日経サイエンス2016年7月号より

腸内細菌の多様性を損なって問題を生じるようだ   米国では2014年,消化不良や消化性潰瘍,逆流性食道炎(胃酸の逆流)など胃の諸症状を治療するために胃酸分泌抑制剤であるプロトンポンプ阻害薬(PPI)が1億700 … 続きを読む

カテゴリ 2016年7月号, News Scan

Bitter Taste Bodyguards / 体を守る苦味受容体

Imagine the worst cold you’ve ever had in your life. Your nose feels completely blocked. You struggle for air. The pressure in your sinuses sends pain streaking around your head. You can’t smell, … 続きを読む

カテゴリ 2016年5月号, 英語で読む日経サイエンス

体を守る苦味受容体

甘味や苦味,酸味などの味を感じているのは,舌にある味覚受容体だ。特に苦味受容体は種類が多いうえ,鼻や気道,心臓,肺,腸などにも存在している。いったいなぜ? 苦味受容体が侵入細菌に対する素早い防御反応を誘発していることが最 … 続きを読む

カテゴリ 2016年5月号, 記事

The Fat Gene / 姿現す肥満遺伝子

In 1962 a human geneticist named James Neel proposed a hypothesis to solve a vexing evolutionary puzzle. What is now called type 2 diabetes—which he thought was caused by a single variant of some un … 続きを読む

カテゴリ 2016年2月号, 英語で読む日経サイエンス

 

1 / 41234