タグ : 人工知能

Clicks, Lies and Videotape / 巧妙化するフェイク動画

This past April a new video of Barack Obama surfaced on the Internet. Against a backdrop that included both the American and presidential flags, it looked like many of his previous speeches. Wearing a … 続きを読む

カテゴリ 2019年1月号, 英語で読む日経サイエンス

生涯学習するAI〜日経サイエンス2019年1月号より

適応を続ける人工知能の試み   卒業後に学ぶのをやめてしまったら? 「ボーっと生きてんじゃねえよ!」と叱られるに違いないが,ほとんどの機械学習システムの学習はそうなっている。それらのAI(人工知能)はあるタスク … 続きを読む

カテゴリ 2019年1月号, News Scan

フェイクを見破る

人工知能(AI)のおかげで、本物そっくりのフェイク動画が簡単に作れる時代になりつつある。コンピューターグラフィック(CG)などを使ったリアルな合成動画はこれまでも存在していたが、高度な動画制作の技能が必要だった。AIを使 … 続きを読む

カテゴリ 2019年1月号, 記事

巧妙化するフェイク動画

人工知能(AI)技術の急進展で,フェイク動画やフェイク音声の自動生成が可能になっている。ソーシャルメディアを通じた偽情報の拡散は,国民一般の論議や政治的安定性に重大な影響を与えかねない。コンピューター科学者はフェイク動画 … 続きを読む

カテゴリ 2019年1月号, 記事

特集 だますAI vs見抜くAI

人工知能(AI)技術の急進展で,フェイク動画やフェイク音声の自動生成が可能になっている。ソーシャルメディアを通じた偽情報の拡散は国民一般の論議や政治的安定性に重大な影響を与えかねず,AIフェイク動画はこの懸念をいっそう高 … 続きを読む

カテゴリ 2019年1月号, 最新号の紹介, 記事

分身AIがつくる社会

技術は人間の能力の拡張であり,それ以上のものではない。機械は自由意思を持たず,人間が与えた目的に向かって動くだけだ。近未来の人工知能(AI)の姿としては,反逆ロボットの出現よりも,「デジタル・ダブル」が普及する可能性のほ … 続きを読む

カテゴリ 2018年12月号, 記事

Self-Taught Robots / 勝手に学ぶ子どもロボット

Deon, a fictional engineer in the 2015 sci-fi film Chappie, wants to create a machine that can think and feel. To this end, he writes an artificial-intelligence program that can learn like a … 続きを読む

カテゴリ 2018年8月号, 英語で読む日経サイエンス

アルファ碁ゼロの衝撃

世界トップクラスの棋士に連勝し,囲碁ファンやAI関係者を驚かせたアルファ碁(AlphaGo)の登場から1年半。そのAlphaGoを打ち負かす強者,アルファ碁ゼロ(AlphaGo Zero)が注目されている。人間の知識を使 … 続きを読む

カテゴリ 2018年2月号, 記事

特集:AIの新潮流

機械学習の目覚ましい進展を背景に人工知能(AI)研究が活気づいている。最近注目されているのは,幼児が知識を獲得する際の学習方法をAIに応用する研究だ。子供は新しい知識を身につける際にボトムアップとトップダウンの2方向の学 … 続きを読む

カテゴリ 2018年2月号, 記事

子どもの脳に学ぶAI

人工知能(AI)の専門家は世の中の様々なことを機械に教える方法を開発するために,未就学児の推論能力について研究している。2つの競合する機械学習法によって,学問分野としてのAIが一変し始めた。1つはディープラーニング(深層 … 続きを読む

カテゴリ 2018年2月号, 記事

クルマ社会から駐車場をなくす

自律走行車の研究開発が熱を帯びている。運転の手間を省き,安全性も高めようというのが主な狙いだが,各種のセンサーを備えた自律走行車は都市の姿そのものを一変させるだろうと著者たちはみる。ライドシェアと組み合わせて自律走行車が … 続きを読む

カテゴリ 2017年11月号, 記事

本当に賢いAIを見分ける新チューリングテスト

チューリングテストに“13歳”の人工知能が合格──3年前に話題になったニュースだ。あるコンピューターが,質問に直接には答えない嫌味な13歳の少年「ユージーン・グーツマン」を装うことでテストに“合格”したとされた。チューリ … 続きを読む

カテゴリ 2017年7月号, 記事

「ノー」と言えるロボット

知恵をつけたロボットが人間の命令を聞かずに反乱を起こし,逆に人間を支配する──古典的なSF物語だが,人工知能(AI)の急進展で絵空事とも思えなくなってきた。しかしこの記事の著者は,当面その心配はない代わりに,もっと切実な … 続きを読む

カテゴリ 2017年3月号, 記事

SCIENTIFIC AMERICANが選ぶ10大イノベーション

世界を大きく変える可能性を秘めた発見・発明が年ごとに出現する。SCIENTIFIC AMERICANはそうした事例を毎年いくつか選んで紹介してきた。2016年に注目された10件をリポートする。大気中から二酸化炭素を吸って … 続きを読む

カテゴリ 2017年3月号, 記事

人間性の黄金律

「人工知能が人知を超える」「脳の神経接続をロボットにアップロードすることで一種の“不死”を達成できるようになる」──と確信する科学者もいれば,それは不可能と考える科学者もいる。いずれにせよ,そうした究極の事態が人類をどの … 続きを読む

カテゴリ 2017年1月号, 記事