タグ : ロボット工学

勝手に学ぶ子どもロボット

幼児は自分の体を使って実験したりおもちゃなどの物体を使って遊んだりすることを通じて自律的に学んでいる。ロボット研究者と神経科学者,心理学者は,子供のように自発的に発達する機械を実現する方法を探ってきた。彼らの共同研究によ … 続きを読む

カテゴリ 2018年8月号, 記事

ピザ職人ロボット修行中〜日経サイエンス2017年8月号より

とても器用なロボットがデビュー待ち   ピザには深夜の実験室作業の燃料源としての誇り高き歴史があり,ピザで有名なイタリアのナポリの科学者は世界で最もおいしいピザを容易にテイクアウトできる。だが,工学者のシチリア … 続きを読む

カテゴリ 2017年8月号, News Scan

本当に賢いAIを見分ける新チューリングテスト

チューリングテストに“13歳”の人工知能が合格──3年前に話題になったニュースだ。あるコンピューターが,質問に直接には答えない嫌味な13歳の少年「ユージーン・グーツマン」を装うことでテストに“合格”したとされた。チューリ … 続きを読む

カテゴリ 2017年7月号, 記事

人間性の黄金律

「人工知能が人知を超える」「脳の神経接続をロボットにアップロードすることで一種の“不死”を達成できるようになる」──と確信する科学者もいれば,それは不可能と考える科学者もいる。いずれにせよ,そうした究極の事態が人類をどの … 続きを読む

カテゴリ 2017年1月号, 記事

しなやかな2足歩行ロボット

 日本は2足歩行ロボットの開発に力を注ぎ,ホンダのASIMO(アシモ)などが登場しているが,海外でも米国防高等研究計画局(DARPA)などが音頭を取り国際的に研究を加速させている。ロボットは災害対応など多くの用途で階段や … 続きを読む

カテゴリ 2017年1月号, 記事

タコロボットの作り方

タコは無脊椎動物では最も賢いほか,カムフラージュと曲芸の名人だ。軟らかい筋肉質の身体で狭い空間をすり抜け,肌の色と模様を素早く変えて捕食者の目を逃れる。近年,この多様な能力をまねたロボットの研究開発が進んでいる。現在のロ … 続きを読む

カテゴリ 2014年2月号, 記事

ヒューマノイドで探る人間の運動機能の巧みさ:細田耕

人間に似た骨格と筋肉を持つ内骨格型のヒューマノイド 機械につきもののモーターや歯車をなくし 人間の運動スキルと学習能力の秘密の解明を目指す    大阪大学大学院情報科学研究科ヒューマンインタフェース工学講座のド … 続きを読む

カテゴリ 2011年8月号, 記事

翔べ! 昆虫サイボーグ

 どこでも見かけるイエバエは航空工学の驚異だ。彼らがハエたたきをうまく避けて飛び回るのは,毎秒約200回にものぼる非常に高速な羽ばたきが一因である。この驚くべきスピードを実現するため,ハエは自身の体を巧みに利用している。 … 続きを読む

カテゴリ 2011年3月号, 記事

“いい人”ロボットの作り方

 日本の鉄腕アトムやドラえもんは人間より人間らしい正義漢だが,アメリカの映画に出てくるロボットは容赦なく人間を殺戮するモンスターであることが多い。だから,というわけではないのだろうが,「いい人」の行動原則をプログラムされ … 続きを読む

カテゴリ 2011年1月号, 記事

ホームロボット時代の夜明け

近い将来,どの家庭にもロボットが普及する──パソコン革命の旗手が予測する次の熱い分野はロボティクスだ。分散コンピューティングや音声・画像認識,無線ブロードバンド接続などの技術は新世代の自律装置への扉を開くだろう。 &nb … 続きを読む

カテゴリ 2007年4月号, 記事

読心術ジャンケンロボット誕生〜日経サイエンス2006年10月号より

日本チームが脳と機械をつなぐインタフェースを開発した応用の可能性は幅広い    物事を決めあぐねたとき,日本では大人もあの伝統的な方法に頼る場合がある。ジャンケンだ。最近,日本の科学者がこの伝統に新たな趣向を加 … 続きを読む

カテゴリ 2006年10月号, News Scan

走りっぷりをあげたASIMO〜日経サイエンス2006年5月号より

高速で旋回,ジグザグ走行もOK    ホンダの人型ロボットASIMO(アシモ)の走りがさらにヒトに近づいた。走行速度が従来の2倍の時速6kmに速まり,やや複雑な走りもできるようになった。 2月中旬,東京の日本科 … 続きを読む

カテゴリ 2006年5月号, News Scan

筋肉スーツで楽々作業〜日経サイエンス2005年12月号より

 筋肉の代わりをするウェアラブルロボット「マッスル・スーツ」が誕生した。これを着れば,自分で力を入れなくても腕がさまざまな動きをする。筋力の衰えた高齢者や障害者の補助,脳梗塞で腕が不自由になった人のリハビリ支援などを目的 … 続きを読む

カテゴリ 2005年12月号, News Scan