タグ : パーキンソン病

狂犬病ウイルスで神経網を探索

感染者をほぼ100%死に至らせる狂犬病ウイルス。このウイルスはニューロンからニューロンへと跳び移る能力を持ち,咬傷部から感染動物の脳に移動する。神経科学者はいま,狂犬病ウイルスのこの能力を利用・改良してニューロン間の接続 … 続きを読む

カテゴリ 2019年2月号, 記事

光で脳をコントロール

 狙った細胞の活動を光で自由にコントロールする新技術「オプトジェネティクス」。脳細胞の活動パターンとそこから生まれる現象との関係を直接調べられるとあって,特に神経科学の分野で目覚ましい発展をもたらした。この革新的な技術を … 続きを読む

カテゴリ 2011年2月号, 記事

パーキンソン病 治療への新たな手がかり

 パーキンソン病は脳変性神経疾患のなかでも患者数の多い病気だ。少なくとも日本では12万人,北米では50万人の患者がいると推測される。世界規模の高齢化ともあいまって,2040年には患者数は倍増する見込みだ。   … 続きを読む

カテゴリ 2005年10月号, 記事

再生する力を引き出せ

 約100年もの間,神経科学の分野では,次のようなことが定説として信じられてきた。「成人の脳は変化せず安定していて,一定の記憶と情報処理能力を持ったコンピューターのようなものだ」と。脳の細胞が失われると,それが担っていた … 続きを読む

カテゴリ 2003年12月号, 記事

パーキンソン病への応用

 パーキンソン病は,脳のなかでドーパミンを分泌するニューロンが死滅することによって生じる。手足がふるえる,体がこわばるといった症状の出るこの病気の治療の第一選択は,L-ドーパをはじめとする薬物療法だ。最近では脳の深部に電 … 続きを読む

カテゴリ 2003年6月号, 記事