タグ : バイオ燃料

省エネしながら食糧増産

工場の高効率化,職場でのクールビズ導入,家庭での省エネ家電製品の普及など省エネに様々な知恵が絞られているが,米国で新たなターゲットになりそうなのが食糧生産だ。米国では植物性・動物性食品の生産と加工,流通,保存などが全エネ … 続きを読む

カテゴリ 2012年4月号, 記事

化学で迫る10の謎

 化学というと白衣姿で試験管を振ったり,亀の甲がたくさんつながったような化学構造式を思い浮かべるかもしれない。しかし,改めて考えてみると,生物は化学物質の集まりだし,脳はいわば化学物質で情報をやり取りする天然のコンピュー … 続きを読む

カテゴリ 2012年1月号, 記事

期待はずれのバイオ燃料

 植物や藻類は大気中の二酸化炭素を吸収して育つので,それを原料とするバイオ燃料は,化石燃料よりも環境負荷が小さいとされる。そのため各国が競ってバイオ燃料の普及に取り組んでいるが,実用化に必要なブレークスルーが当初予想より … 続きを読む

カテゴリ 2011年11月号, 記事

科学は終わらない

 科学技術の進歩によって,私たちは便利で,豊かな生活を手に入れた。一方で,地球温暖化などの環境問題が叫ばれ,人口急増による食糧不足も懸念されている。    今後数十年間,科学界で注目されるであろう話題は何か?  … 続きを読む

カテゴリ 2010年12月号, 記事

米バイオ企業が描く農業の未来

一般消費者には有機作物を求める声が大きいようだが アグリ産業はバイオテクノロジーが農業の未来のカギだとみている      環境と経済を持続していけるかどうかは,つまるところ人類の消費・生産バランスの問 … 続きを読む

カテゴリ 2010年1月号, 記事

SCIENTIFIC AMERICANが選んだ2007年のベスト50

 専門家もアマチュアの技術ウォッチャーにとっても,技術を楽観的に見すぎることは常に危険をはらんでいる。人工知能から空飛ぶ自動車まで,期待はずれになったものは少なくない。しかし時折,新技術が最も突飛な予想をも裏切らないこと … 続きを読む

カテゴリ 2008年2月号, 記事

排出安定化 15の糸口

 大気中の二酸化炭素(CO2)濃度が危険域,つまり産業革命が始まる前の18世紀の水準の2倍に近い値にまで達しなければ,グリーンランドの氷の消滅といった取り返しのつかない気候変動が起こる恐れは減るだろう。     … 続きを読む

カテゴリ 2006年12月号, 記事

エタノールよりもバイオディーゼル燃料〜日経サイエンス2006年11月号より

石油に代わる“再生可能燃料”として,主に大豆から作られるバイオディーゼル燃料や,トウモロコシの粒から蒸留されるエタノールがある。ミネソタ大学の研究者たちは,両者についてエネルギー利得と環境への影響を初めて総合的に調べ,バ … 続きを読む

カテゴリ 2006年11月号, News Scan