タグ : クーパー対

高温超電導 鉄が握る解明のカギ

 2006年,東京工業大学の細野秀雄教授らが鉄系超電導物質を発見した。転移温度(超電導状態になる温度)は最初4Kだったが,26Kまで上がったことが2008年2月後半に論文発表されると,世界の物理学者が注目し始め,研究は一 … 続きを読む

カテゴリ 2009年11月号, 記事

ノーベル賞4人同時受賞 物理学賞「対称性の破れ」/化学賞「緑色蛍光タンパク質」

 2008年のノーベル賞は物理学賞と化学賞あわせて日本人4人の同時受賞となった。物理学賞はシカゴ大学名誉教授の南部陽一郎氏と高エネルギー加速器研究機構名誉教授の小林誠氏,京都大学名誉教授の益川敏英氏の3人で,素粒子の理論 … 続きを読む

カテゴリ 2008年12月号, 記事