タグ : エントロピー

マクスウェルの悪魔現る

 水は高きから低きへと流れ,太陽は東から上って西へ沈む。それが自然界の理(ことわり)だ。もし反対のことが起きたら,それは神の御業(みわざ)に逆らう悪魔の所業。19世紀スコットランドの傑出した物理学者マクスウェルが考え出し … 続きを読む

カテゴリ 2011年8月号, 記事

非平衡熱力学の教え 「第二法則」は不滅です

 「熱力学の第二法則」に従って世界が着実に無秩序になっていくとするなら,自然界でしばしば生じている自己組織化をどう説明すればよいのだろうか? 根本的問題は,古典的な熱力学は系が平衡状態にあると仮定していることにある。そう … 続きを読む

カテゴリ 2009年2月号, 記事

「時間の矢」の宇宙論的起源

現在の宇宙の標準モデルでは,私たちの宇宙は粒子が狭い空間に一様に詰め込まれた状態から始まり,星や銀河でムラのある現在の姿を経て,やがてはほとんど何もない空っぽな空間になるとされている。なぜ宇宙の過去と未来はこんなにも大き … 続きを読む

カテゴリ 2008年9月号, 記事

多世界から生まれた計算機

 現在のスーパーコンピューターをもってしても何億年もかかる計算を一瞬のうちに解いてしまうとされる「量子コンピューター」。世界の先進的な大学や企業が研究にしのぎを削る注目分野だ。    量子コンピューターは「ミク … 続きを読む

カテゴリ 2008年4月号, 記事

生命の起源 RNAワールド以前の世界

 ドーキンス(Richard Dawkins)は著書『利己的な遺伝子』で最古の生命体についてこう書いている。「ある時点で,特別な驚くべき分子が偶然に形成された。それをレプリケーター(自己複製子)と呼ぶことにしよう。それは … 続きを読む

カテゴリ 2007年9月号, 記事

時は流れない

 時が流れるということを疑う人はいないだろう。時間の経過はおそらく人間の認識の最も基本的な側面を表している。というのも,人間は過ぎゆく時間を自己の最も奥深い部分で感じており,それは例えば空間や質量についての体験よりも概し … 続きを読む

カテゴリ 2002年12月号, 記事