タグ : エピジェネティクス

Hidden Switches in the Mind / 脳とこころのスイッチ エピジェネティクス最前線

Matt is a history teacher. His twin brother, Greg, is a drug addict. (Their names have been changed to protect their anonymity.) Growing up in the Boston area, both boys did well in high school: they … 続きを読む

カテゴリ 2012年3月号, 英語で読む日経サイエンス

脳とこころのスイッチ エピジェネティクス最前線

 同じ遺伝子を持つ一卵性双生児でも,薬物依存症やうつ病などの精神疾患になる人とならない人がいる。その理由は何だろう?     ここ10年の研究で,環境が遺伝子の情報を変えることなく,その振る舞いを変化させる様々 … 続きを読む

カテゴリ 2012年3月号, 記事

遺伝する獲得形質〜日経サイエンス2010年10月号より

人間の健康と病気に大きく影響している可能性がある    人間の健康と病気をDNAの個人差に基づいて理解すること──これが過去10年の遺伝学にとって最大級の目標だった。だが,身長など比較的単純な形質についてさえ, … 続きを読む

カテゴリ 2010年10月号, News Scan

ここまで来たiPS細胞 動き始めたオールジャパン体制

 今春,京都大学にiPS細胞研究所(CiRA;サイラ)が設立され,5月8日に拠点となる研究棟の竣工式が行われた。iPS細胞(人工多能性幹細胞)だけに特化した研究所だ。霊長類研究所,基礎物理学研究所など,ほかの附属研究所の … 続きを読む

カテゴリ 2010年7月号, 記事

特集:再生医療 iPS細胞の衝撃

 「できる」と思われてはいなかったことを誰かが成し遂げたとき,周囲は衝撃を受ける。近年の医学・生物学の分野で“衝撃”と呼ぶにふさわしい成果というと,10年ほど前のクローン羊ドリーの誕生と,京都大学・山中伸弥(やまなか・し … 続きを読む

カテゴリ 2008年7月号, 記事

遺伝子制御の仕組みに迫る〜日経サイエンス2007年7月号より

DNAとともに染色体を構成し,遺伝子の発現調節を担う「ヒストン」その複製機構を解明する有力な手がかりが得られた    「生命現象の根幹にかかわる研究成果。日本から生み出せたことを誇りに思う」と東京大学分子細胞生 … 続きを読む

カテゴリ 2007年7月号, News Scan