タグ : アポロ計画

開かれた月面基地 ムーンビレッジ構想 ESA長官に聞く

近年,ほとんどの国は国威発揚だけを目的に単独で宇宙に行くわけにはいかなくなっている。再び他の惑星状天体に旅しようというなら,国際協力が必要となる。この考え方を最も明確に示したのが,欧州宇宙機関(ESA)長官のヴェルナー〔 … 続きを読む

カテゴリ 2019年8月号, 最新号の紹介, 記事

月面争奪戦

多数の国と企業が今後10年内に月ロケットの打ち上げを目指している。国際法によると,宇宙では何者も地所を所有できない。だがその一方で,誰かが先に着陸した場合,他者はその場所を侵害しないようにすべきであると定めている。この点 … 続きを読む

カテゴリ 2019年8月号, 編集部のピックアップ, 記事

月探査ミッションの通信簿

これまで122件の月探査ミッションのうち,成功と見なされたのは半数を少し上回る程度だ。それらの大半はたった2つの国,米国とかつてのソ連が打ち上げた。この2カ国以外で最初に月を狙ったのは日本で,1990年に探査機「ひてん」 … 続きを読む

カテゴリ 2019年8月号, 最新号の紹介, 記事

月誕生に新説 「シネスティア」

月は45億年近く前に,原始地球と別の原始惑星が起こした破局的な衝突の結果として生まれた。月が地球の衛星としてはかなり大きいことや月に水がないことをうまく説明できるため,この「ジャイアント・インパクト説」は月の起源に関する … 続きを読む

カテゴリ 2019年8月号, 最新号の紹介, 記事

アポロの収穫 月の石が語る太陽系の黎明期

アポロ計画は月面に人間の足跡を刻んだ点で最も名高いが,最大の科学的遺産は宇宙飛行士たちが持ち帰った一連の岩石だ。これら382kgの石とレゴリス(月や他の惑星状天体の表面を厚く覆っている石屑や塵)を単に貴重なお宝と呼ぶのは … 続きを読む

カテゴリ 2019年8月号, 最新号の紹介, 記事

アポロ11号 飛行士たちの足跡を追う

近年の衛星画像に基づく3次元コンピューターモデルによって,アポロ11号による月着陸の各段階と探査地域を再現できるようになった。米航空宇宙局(NASA)のルナー・リコネサンス・オービター(LRO)が2012年に撮影した着陸 … 続きを読む

カテゴリ 2019年8月号, 記事

あの「小さな一歩」から

50年前の7月,36階建てビルと同じ高さでゾウ400頭に相当する重さのサターンⅤ型ロケットが,フーバーダム85基分の出力よりも強力な爆発に乗って空をゆっくり上っていった。宇宙空間に達し,地球周回軌道を離脱し,月周回軌道ま … 続きを読む

カテゴリ 2019年8月号, 記事

特集:アポロから半世紀 人類,月へ

アポロ11号で人類が初めて月に立ってから50年になる現在,再び月を目指す動きが急だ。日米欧,中国,インド,イスラエルなどの国々や民間企業も月探査を計画している。アポロから生まれた惑星科学の進展と併せ,新世紀の月探査とその … 続きを読む

カテゴリ 2019年8月号, 最新号の紹介, 記事

脈動する磁性流体アート

 黒い液体をたたえた黒い器の真ん中に,金色に輝く円錐形の金属の塔が立っている。じっと見ていると,あら不思議,黒い液面がゆったりと波立ったかと思うと,液面のふくらみが塔の方に向かって動き始め,黒い液体が塔に刻まれた螺旋(ら … 続きを読む

カテゴリ 2007年3月号, 記事