検索結果:睡眠

1 / 712345...最後 »

体内時計が壊れると 非24時間睡眠覚醒症候群

 人体内部の動きは概日リズムと呼ばれる日周サイクルによっている。夜間の照明や夜更かしの生活が,こうした体のリズムを乱し,糖尿病,がん,うつ状態,さらには不妊のリスクを上げることがわかってきた。体のリズムを健全な状態に調整 … 続きを読む

カテゴリ 2016年1月号, 記事

記憶・免疫・ホルモンを活性化 睡眠パワーに迫る

 ぐっすりと眠った翌朝は気分爽快,今日も一日頑張ろう!という気持ちになれる。これは気分だけの話ではなく,睡眠には身体の様々な機能を充実させる効果があることが科学的に解明されつつある。最も注目されているのは記憶を向上させる … 続きを読む

カテゴリ 2016年1月号, 記事

睡眠の本質に遺伝学と神経科学で迫る:柳沢正史

ヒトはなぜ,眠らないと生きられないのか? 眠いときと眠くないときの脳はどこが違っているのか? ベールにつつまれていた眠りの正体に,ようやく一筋の光が差し始めた    高血圧を引き起こす強力な血管収縮物質「エンド … 続きを読む

カテゴリ 2014年1月号, 記事

睡眠を世界規模で調査~日経サイエンス2013年11月号より

眠りのパターンを実時間追跡する計画    前夜によく眠れないと気分が悪く,目は腫れぼったく,あくびが何度も出るのはご存じの通りだ。また,慢性的に睡眠不足の人は心臓病や肥満,早死のリスクが高まる。だが,睡眠のパタ … 続きを読む

カテゴリ 2013年11月号, News Scan

睡眠者の殺人 意識と無意識の境界を問う

 睡眠中に妻を殺害して罪に問われた男性がいる。眠っていたのは妻の方ではなくて,手を下した本人がそう主張する。しかし,人を殺すことができたとすれば,その人はその時に起きていたというほかはないのではないか?実は,睡眠中の暴力 … 続きを読む

カテゴリ 2012年12月号, 記事

宵っ張り遺伝子〜日経サイエンス2017年11月号より

体内時計に影響する遺伝子変異が夜型人間を生み出しているようだ   真夜中を過ぎてもどうしても寝つけない人がいる。その結果,起床時間をずっと遅らせないと休まらない。こうした夜型人間は睡眠相後退障害(DSPD)とい … 続きを読む

カテゴリ 2017年11月号, News Scan

2017年ノーベル生理学・医学賞:体内時計を生み出す遺伝子機構の発見で米の3氏に

2017年のノーベル生理学・医学賞は,サーカディアン・リズム(体内時計)を生み出す遺伝子とそのメカニズムを発見した米ブランダイス大学のホール(Jeffrey C. Hall)博士とロスバシュ(Michael Rosbas … 続きを読む

カテゴリ きょうの日経サイエンス

投稿日 2017年10月3日

夢に迫る〜日経サイエンス2017年9月号より

夢を見ている際に活動する脳領域から意識を探るアプローチ   「眠ることはたぶん,夢を見ることだ」──シェークスピアが言いたかったのは私たちが夜に旅する別世界のことではなかったかもしれないが,夢という現象の不思議 … 続きを読む

カテゴリ 2017年9月号, News Scan

Split-Second Reactions / 1000兆分の1秒の反応を見る 連続フェムト秒結晶構造解析

Burrowed deep under the foothills near Palo Alto, Calif., scientists scurried through an underground laboratory, making final preparations for a series of explosions. Their plan: blow up tiny crystals … 続きを読む

カテゴリ 2017年8月号, 英語で読む日経サイエンス

別冊218 はじめに

 別冊日経サイエンス218『脳科学のダイナミズム──睡眠 学習 空間認知 医薬』では,ここ数年の記事を中心に脳神経科学や認知科学,心理学の成果を取り上げる。  眠りが心身の充足をもらたすことは誰もが経験している。睡眠不足 … 続きを読む

カテゴリ 別冊日経サイエンス, 記事

別冊218 脳科学のダイナミズム

はじめに   記憶・免疫・ホルモンを活性化    睡眠パワーに迫る  R. スティックゴールド   体内時計が壊れると 非24時間睡眠覚醒症候群  E. レイバー=ワレン   10代の脳の謎 … 続きを読む

カテゴリ 別冊・本

健康寿命を延ばすサイエンス

まえがき   第1章 肥満と生活習慣 プチ断食は健康によい?  デイビッド・スティップ 肉食と健康  フェリス・ジャブル 腸内細菌と肥満  クラウディア・ウォリス 褐色脂肪で肥満を防げるか?  メリンダ・ウェン … 続きを読む

カテゴリ 別冊・本

忘れる方法を覚えられる?〜日経サイエンス2016年10月号より

記憶中枢を制御している仕組みが少しずつ見えてきた   コンロから落ちる熱い鍋をつかもうと反射的に手を伸ばしても,最後の瞬間には手を引っ込めてやけどをせずにすむだろう。脳の実行制御が介入して,自動的な命令系統を断 … 続きを読む

カテゴリ 2016年10月号, News Scan

ビデオゲームを教育に

 ビデオゲームが教育分野で大きな可能性を持つことが近年の研究で示されている。優れた設計のゲームは,従来の教授法ではなかなかできないやり方で,エビデンスに基づく推論や問題解決,他者との協力など,高次のスキルを実習できる。だ … 続きを読む

カテゴリ 2016年10月号, 最新号の紹介, 記事

ビデオゲームで認知力アップ

 シューティングゲームなど展開の速いアクションゲームが脳の働きを高めるとは必ずしも考えられていなかった。だが過去15年のいくつかの研究から,これらを頻繁にプレイすると様々な認知能力が向上することがわかった。注意力や迅速な … 続きを読む

カテゴリ 2016年10月号, 最新号の紹介, 記事

 

1 / 712345...最後 »