英語で読む日経サイエンス

SCIENTIFIC AMERICAN August 2020

Survival of the Friendliest

優しくなければ生き残れない 進化史に見るホモ・サピエンス成功のカギ

By Brian Hare /Vanessa Woods B. ヘア /V. ウッズ
English 日本語 日本語
We are the only humans, but not so long ago we had company. In the roughly 300,000 years of our existence, Homo sapiens has shared the planet with at least four other human species. In hindsight, it seems obvious why we prevailed. We were the best hunters, the smartest, the most technologically savvy.  私たちは現生の唯一の人類だが,少し前までは同類がいた。ホモ・サピエンスは約30万年前に出現して以来,少なくとも4種の人類と地球を共有してきた。なぜ私たちが勝ち残ったのか,その理由はいまにしてみれば明白に思える。私たちホモ・サピエンスは最も優れたハンターであり,最も賢く,最も技術に精通していた。
But that is only the story we tell ourselves. Some of the other human species were more technologically advanced, had been around for much longer—a million years—or had brains as big or bigger than ours. Going back 100,000 years ago, if you were to guess which human species was going to make it, one of the other humans, perhaps Neandertals, would have been a good bet.  だが,これは手前勝手な見方にすぎない。他の人類種のなかにはホモ・サピエンスよりも進んだ技術を持っていた例があり,より長い期間にわたって存続したものや(100万年間),脳のサイズが同等以上だった人類がいた。もし10万年前の時点に戻って,どの人類種が今後生き延びるかを考えたら,ホモ・サピエンスよりも他の人類,おそらくはネアンデルタール人が有望に思えただろう。
We shared a common ancestor with Neandertals. They were stronger than us, barrel-chested with muscle. They were highly skilled with weapons and hunted every large mammal in the Ice Age. They even shared with us a variant of a gene known as FOXP2 , thought to be required for the finely calibrated movements needed for speech. Their culture demonstrated high levels of sophistication: Neandertals buried their dead, cared for the sick and injured, painted themselves with pigment, and adorned themselves with jewelry made of shells, feathers and bone.  私たち現生人類はネアンデルタール人と祖先を共有している。ネアンデルタール人は私たちよりも筋骨たくましく屈強だった。武器の扱いに長け,氷河期にあらゆる大型哺乳動物を狩っていた。さらにFOXP2 という遺伝子のタイプが私たちと同じだった。言葉を話すのに必要な精密に調整された運動に関与していると考えられている遺伝子だ。またネアンデルタール人は高度に洗練された文化を持っていた。死者を埋葬し,病人や怪我人を介護し,体に顔料を塗り,貝殻や羽根や骨でできた装飾品で身を飾っていた。
The first H. sapiens to arrive in Europe met a relatively large population of Neandertals who were well adapted to a cold weather climate. Later, as glaciers advanced, modern humans fled, and Neandertals stayed and thrived. Compared with our closest living relatives, bonobos and chimpanzees, our species has little genetic variation, which suggests that at some time, perhaps several times, we experienced a severe population bottleneck, which means we might almost have gone extinct.  ヨーロッパに最初に到達したホモ・サピエンスは,寒冷な気候にうまく適応したネアンデルタール人の比較的大きな集団と遭遇した。後に氷河が発達すると現生人類はこれを逃れて去ったが,ネアンデルタール人はとどまって繁栄した。ヒトに最も近縁な現生種であるボノボやチンパンジーと比べ,私たちヒトは遺伝的変異が少ない。これはホモ・サピエンスがある時期に,おそらくは数回にわたって,個体数が深刻なレベルまで細ったことをうかがわせる。絶滅寸前に陥ったということだ。
If we were not the strongest or the smartest, how did we win?  ホモ・サピエンスが最も屈強でも最も賢かったのでもなかったとすれば,私たちはどのようにして勝ち残ったのだろうか?