英語で読む日経サイエンス

SCIENTIFIC AMERICAN September 2019

Deception in the Wild

嘘をつく動物たち

By Barbara J. King B. J. キング
English 日本語 日本語
The animal world seems to burst with sugar and spice these days. Evidence for cooperation and compassion among swimming, flying and walking creatures has captured public imagination. In the ocean, groupers, wrasse and eels form a multispecies team, working together to flush out and consume prey in bouts of collaborative hunting. In the sky, variegated fairy wrens and splendid fairy wrens recognize one another, form stable partnerships and jointly defend patches of eucalyptus scrubland. Among chickens, mother hens show empa­thetic distress when they see their chicks experience mild discomfort. Chim­panzees rush to console the loser of a fight, even when they themselves played no part in the altercation. And in an act of ultimate sacrifice, rats give up a chocolate reward to rescue companions made to tread water in a small pool.  女の子の中身は「砂糖にスパイスにいろんないいもの」だといわれるが,昨今は動物の世界も同様に思える。陸海空の様々な生き物が協力し,互いを思いやる例が報告され,人々の関心をとらえている。
 例えば海ではハタとベラ,ウナギが種を超えたチームを組み,協力して獲物を追い立てる狩りをする。空ではムナグロオーストラリアムシクイとムラサキオーストラリアムシクイが互いを認識し,安定した協力関係を築いて,巣をかけたユーカリの低木地を一緒に守る。ニワトリの場合,ヒヨコがちょっとした不快を経験しているのを見た母鶏が同情して苦しむ。チンパンジーは仲間のケンカを見て,自分に無関係ないさかいであっても,敗者に駆け寄って慰める。そして究極の犠牲的行為として,ラットは実験室の小さなプールで立ち泳ぎを強いられている仲間を救うために,チョコレートのご褒美を諦める。
For centuries scholars of animal behavior overem­phasized the role of rivalry and violence among animals. The current focus on kindness and care is a necessary corrective to that long-standing view of nature as “red in tooth and claw,” as poet Alfred, Lord Tennyson put it. Yet even as we swoon over animal sweetness, there is a risk of that pendulum swinging too far and eclipsing part of the story. Many animals carry out disinformation cam­paigns aimed at others, within and across species. They mislead, cheat and lie in rampant acts of deception.  動物行動学者は昔から,動物の競争と暴力を強調しすぎだった。詩人のテニソン卿(Alfred, Lord Tennyson)が「歯とかぎ爪の赤」と表現した弱肉強食の世界として自然をとらえる見方が長く続いたが,動物たちの親切と世話に注目する現在の潮流はこれに対する必然の修正だ。
 だが,動物たちの優しさにうっとりしていると,それが行き過ぎて話の一部が見えなくなる危険がある。実際には多くの動物が同種の仲間に,また種を超えて,偽情報キャンペーンを展開している。激しい虚報活動を通じて相手を誤解させ,だまし欺いているのだ。
INTENT TO DECEIVE
Deception in nonhuman animals is defined as the send­ing out of false signals in an attempt to modify the be­havior of another animal in ways that benefit the sender. Cuttlefish are masters of such disinformation. Relatives of the octopus, they have the ability to quickly change color, thanks to pigment-containing cells in their skin called chromatophores. Their powers of disguise can make mating a turbulent affair. In 2017 marine biologists led by Justine Allen of Brown University reported that they had observed a male common European cuttlefish approach a female as they scuba-dived in the Aegean Sea off Turkey. The female moved away with apparent indifference. The male camouflaged himself against the background for six minutes, leaving the female seemingly unaware of his continued presence. Then, suddenly, he lunged and grabbed her, and the two mated head to head.
 だましの確信犯
 人間以外の動物が行う欺きとは,「自分の益になるように他の動物の行動を変えることを狙って偽りのシグナルを送ること」と定義されている。イカはそうした偽情報発信の名人だ。タコと近縁のこの動物は「色素胞」という色素入りの細胞が皮膚にあるおかげで,体表の色を素早く変えることができる。
 この偽装の力は交尾を大騒動にする場合がある。2017年,ブラウン大学のアレン(Justine Allen)が率いる海洋生物学者チームはトルコ沖のエーゲ海を潜水調査した際に1匹のオスのヨーロッパコウイカが1匹のメスに近寄るのを観察したと報告した。メスは気がないようでオスから離れたが,オスは自分を背景に合わせてカムフラージュしてメスを追った。メスはこのオスが引き続きそばにいるのに気づいていないようだ。これが6分間続いた後,オスが突然メスに突進してひっつかみ,2匹は交尾した。