英語で読む日経サイエンス

SCIENTIFIC AMERICAN May 2019

Night Visions

凄ワザ解剖 動物の暗視能力

By Amber Dance A. ダンス
English 日本語 日本語
The sun’s final rays filter through the leaves as night falls in the dense, muggy rain forest. The descending gloam over Panama’s Barro Colorado Island obscures the towering, spiky kapok trees, the palms and the shrubs until human eyes can’t see much more than the small patches of starlit sky through the canopy above. Crickets commence their chorus as the howler monkeys hush for the night.  パナマのバロ・コロラド島の蒸し暑い密林に夜が来て,茂った木々の葉の間から差し込んでいた日の光が消えた。夜のとばりが下り,高く尖ったカポックの木やヤシ,低木が闇に沈んで,人の目に見えるのは頭上の林冠の間にのぞく小さな星空だけだ。ホエザルの声が静まり,コオロギが歌い始めた。
In the twilight, a nocturnal sweat bee, with bulging eyes, a metallic green head and a pale brown abdomen, emerges from her nest in a foot-long, hollowed-out stick. She’s hungry for nectar and pollen. But before she flits off, she turns to look back at the stick, which has a black-and-white-striped card above it, placed there by scientists. Nearby stick nests also have cards, but these are simply a flat gray.  その暗がりのなか,大きな目とメタリックグリーンの頭部,薄茶色の腹部をした1匹の夜行性のコハナバチが,長さ30cmほどの中空の枯れ枝の巣から出てきた。花の蜜と花粉を求めて飛び立つ前に,このハチは巣の枯れ枝を振り返って,その上に科学者たちがつけた白黒の縞模様を描いたカードを見る。近くの枯れ枝の巣にもカードがつけられているが,それらは模様のないただの灰色だ。
After the bee flies off, zoologist Eric Warrant and his colleagues at Lund University in Sweden switch things around, moving the striped card to another nest. When the bee returns, she zooms right into the nest with the stripes, assuming it is hers and demonstrating that sweat bees spot and use such visual signals. “Even in the very dimmest intensities, they have no problem seeing this,” Warrant says. (He notes that if the humans tracking the insects did not wear night-vision goggles, they would “literally crash into trees” because it is so dark.)  このハチが飛び立った後,ルンド大学(スウェーデン)の動物学者ワラント(Eric Warrant)ら研究チームはカードの配置を入れ替え,縞模様カードを別の巣に移す。例のハチは戻ってくると,縞模様カードのついた巣に直行する。それが自分の巣だと思っているようで,これはコハナバチがそうした視覚信号を見分けて利用していることを示している。
 「このように非常に暗くても,ハチには問題なくカードが見えている」とワラントは指摘する。これに対し,ハチを追跡する実験者がもし暗視ゴーグルをつけていなかったら,暗闇で「立木と激突」するだろうという。
The remarkable night vision of these bees (Megalopta genalis) stems only in part from eye adaptations such as larger lenses. Those do improve sweat bees’ light sensitivity. Still, the nocturnal insects find their nests at light levels where even those peepers should not be sufficient. Warrant has concluded that in addition to the bees’ eyes, the way in which their brain processes the little light available allows them to navigate after sunset.  このコハナバチ(Megalopta genalis)の驚くべき暗視能力はどこから来るのか? 大きなレンズなど,暗さに適応した目に由来する寄与は一部にすぎない。そうした適応はコハナバチの光感度を確かに高めてはいるが,この夜行性の昆虫は光量が明らかに不足している状況でもなお,巣を見つけ出す。これらのハチは目の構造に加え,入手できるわずかな光を脳が処理する方法によって,日没後の活動が可能になっているのだとワラントは結論づけた。
For decades scientists assumed that most creatures must see the same dim, colorless nightscape that people do. They thought that nocturnal animals relied on other senses, such as smell and hearing. Today a new wave of research is overturning that assumption.  ほとんどの生物が夜に見ているのは,人間の場合と同様,薄暗く色のない像に違いないと科学者は何十年も前から決めてかかっていた。夜行性の動物は嗅覚や聴覚など,視覚以外の感覚に頼っていると考えられていた。だが現在では,新たな研究によってこの想定が覆されつつある。