英語で読む日経サイエンス

SCIENTIFIC AMERICAN August 2018

The Seventh Sense

免疫系が脳を動かす

By Jonathan Kipnis J. キプニス
English 日本語 日本語
For decades anatomy textbooks taught that the two most complicated systems in the body—the brain and the immune system—existed in almost complete isolation from each other. By all accounts, the brain focused on the business of operating the body, and the immune system focused on defending it. In healthy individuals, the twain never met. Only in certain cases of disease or trauma did cells from the immune system enter the brain, and when they did so, it was to attack.  解剖学の教科書では,これまで何十年にもわたって,身体の中で最も複雑なシステムである「脳」と「免疫」はほぼ完全に互いに独立していると語られてきた。誰に聞いても,脳は身体の操作だけをし,免疫は身体の防衛のみを担っているというだろう。健康な人では,両者は決して巡り会うことはない。ある種の病気や外傷が起きた場合のみ免疫細胞は脳へと侵入し,それは常に外敵を攻撃するためであると。
But in recent years a rush of new findings has revolutionized scientists’ understanding of the two systems. Mounting evidence indicates that the brain and the immune system interact routinely, both in sickness and in health. The immune system can help support an injured brain, for example. It also plays a role in helping the brain to cope with stress and aids such essential brain functions as learning and social behavior. What is more, the immune system might qualify as a kind of surveillance organ that detects microorganisms in and around the body and informs the brain about them, much as our eyes relay visual information and our ears transmit auditory signals. In other words, the brain and immune system do not just cross paths more often than previously thought—they are thoroughly entwined.  ところが近年の研究で得られた科学的証拠によって,科学者の見方は劇的に変わった。脳と免疫系は,病気のときも健康なときも,日常的に相互作用していることが示されたのだ。例えば免疫系は損傷した脳を助けることがある。またストレスへの対処や学習,社会的な行動など,脳の重要な機能を補助する役割も果たしている。それどころか,目が視覚情報を中継し,耳が聴覚信号を伝達するように,免疫系は体内や周囲の微生物を検出して脳に知らせる一種の監視機関と見なすこともできる。脳と免疫系はこれまで考えられていたよりも頻繁に連絡しているばかりか,深く絡み合っているのである。
Researchers are still in the early stages of studying this burgeoning new field of neuroimmunology. But already it is becoming clear that the brain’s response to immunological information and how that information controls and affects brain circuitry could be the key to understanding many neurological diseases—from autism to Alzheimer’s—and developing new therapies for them. Efforts to treat such disorders have typically met with disappointing results because most drugs cannot easily penetrate the brain. The findings from neuroimmunology raise the tantalizing possibility that targeting the immune system might be a more effective tactic.  この新しい学問分野「神経免疫学」の研究は,いまだ初期段階にある。それでもすでに,免疫系がもたらす情報に対する脳の反応と,その情報が脳神経回路をどう制御し変化させるかを解明することが,自閉症からアルツハイマー病まで,多くの神経疾患を理解し新たな治療法を開発するカギとなることが判明しつつある。
 脳の疾患を治療する努力は,多くの場合,期待外れの結果に終わる。ほとんどの薬は容易に脳に侵入できないためだ。だが神経免疫学による最近の発見から,免疫系を標的とすることで,より効果的な戦略が立てられるかもしれないとの期待が高まっている。