英語で読む日経サイエンス

SCIENTIFIC AMERICAN March 2018

Shadows of Other Words

新宇宙望遠鏡TESS打ち上げ

By Joshua N. Winn J. N. ウィン
English 日本語 日本語
On the morning of August 21, 2017, in a grassy field in Midvale, Idaho, my family and I waited with great anticipation. In a few minutes we would be enveloped by the moon’s shadow. Along with millions of other people who had made their way to a narrow strip of land extending from Oregon to South Carolina, we were about to see a total eclipse of the sun.  2017年8月21日の朝,私は家族とともにアイダホ州ミッドヴェールの草地でワクワクしながらその時を待っていた。あと数分で,月の影に包まれるはずだ。皆既日食を見ようと,米国西海岸オレゴン州から南東部沿岸のサウスカロライナ州に至る細い帯状の地域に何百万人もの人々が集まっていた。
Afterward I wondered how many budding young astronomers had been created at that moment, captivated by the eerie daytime twilight and the rare view of the sun’s white-hot corona. Eclipses have been a source of inspiration and knowledge for centuries and still are. My own research relies not on solar eclipses but on a different type of eclipse entirely: the “transit” of an exoplanet. Although telescopes cannot actually watch a planet’s silhouette move across the face of its star when that star is light-years away, the tiny dip in brightness that occurs when a planet is blocking a small portion of its star’s light is enough to tell us that an alien world exists.  私は日食がすんだ後,あの瞬間にどれほど多くの子供たちが日中の神秘的な薄明とめったに見られない太陽の白熱のコロナに魅了されて,ちびっ子天文学者が生まれたことだろうかと考えた。日食は何百年も前からインスピレーションと知識の源泉であり,いまもそうだ。私自身の研究も,日食ではないが,系外惑星のトランジット(恒星面通過)というまったく異なるタイプの食によっている。何光年も離れた恒星の手前を横切る惑星のシルエットを望遠鏡で実際に見ることはできないものの,惑星が親星の光のごく一部を遮って生じる減光によって,そこに未知の惑星が存在することが十分にわかる。
Astronomers detected the first exoplanetary transit in 1999. Within a decade the tally exceeded 100. Now we are up to nearly 4,000 transiting exoplanets, thanks mainly to a NASA mission called Kepler, which is due to end this year. Although the transit method is currently our most effective way of finding distant worlds, other planet-hunting techniques have turned up more than 700 exoplanets. All told, we have found a huge diversity of worlds unanticipated by any planet-formation theories, and we suspect we are just skimming the surface of a vast ocean.  系外惑星のトランジットが初めて検出されたのは1999年のことだった。その後10年足らずでその数は100を超え,現在では3000個近いトランジット系外惑星が知られている。発見の多くは米航空宇宙局(NASA)の「ケプラー」という宇宙望遠鏡のおかげで,この探査機は今年中に運用を終えることになっている。系外惑星を見つけるには現在のところトランジット法が最も効果的だが,別の手法によって発見された系外惑星も700を超える。これらによって,どの惑星形成理論も予想していなかった非常に多様な惑星が見つかり,それらもまだ大海の一滴にすぎないのだろうとみられている。
This year both NASA and the European Space Agency (ESA) are planning to launch new telescopes devoted to transiting planets. Meanwhile innovative telescopes at mountaintop observatories are extending the search to types of stars that the space missions will not explore. And all this will merely whet the appetite for the ultimate eclipse-detecting spacecraft that ESA intends to launch in 2026.  NASAと欧州宇宙機関(ESA)は今年,トランジット系外惑星を専門に観測する新しい宇宙望遠鏡をそれぞれ打ち上げる計画だ。また地上では,高山の頂上にある先進的な望遠鏡が,宇宙望遠鏡が対象にしていないタイプの恒星に探索範囲を広げつつある。そしてこれらも,ESAが2026年に打ち上げを考えている究極の食観測専用宇宙望遠鏡に比べれば,メインディッシュ前のオードブルといったところだ。