英語で読む日経サイエンス

SCIENTIFIC AMERICAN May 2017

Strange News from Another Star

謎のボヤジアン星

By Kimberly Cartier /Jason T. Wright K. カルティエ /J. T. ライト
English 日本語 日本語
One quiet afternoon in the fall of 2014, just as the trees were changing from green to gold, Tabetha Boyajian visited our astronomy department at Pennsylvania State University to share an unusual discovery. That landscape on the brink of transformation turned out to be a fitting backdrop for a meeting that would change the course of our careers.  2014年秋のある静かな午後,緑の木々が黄金色に変わり始めたちょうどそのころ,当時エール大学のポスドク研究員だったボヤジアン(Tabetha Boyajian)がペンシルベニア州立大学天文学科の私たちを訪ねてきて,ある異様な発見について話した。彼女の来訪で私たちの研究者人生は一変したのだが,夏から秋へ変容の間際にあった周囲のあの風景は,その舞台背景としてまさにぴったりだった。
Then a postdoctoral scholar at Yale University, Boyajian had flagged inexplicable fluctuations of light from a star monitored by NASA’s planet-hunting Kepler space telescope. The fluctuations looked nothing like those caused by a planet passing between the star and the telescope. She had already ruled out other culprits, including glitches in Kepler’s hardware, and she was looking for new ideas. One of us (Wright) suggested something very unorthodox: perhaps the fluctuations in brightness were caused by alien technology.  ボヤジアンによると,米航空宇宙局(NASA)が系外惑星探索用に打ち上げたケプラー宇宙望遠鏡が,ある1つの恒星に不可解な光度変化をとらえたという。その変動は,星と望遠鏡の間を惑星が通過することによる減光とはまったく違っていた。彼女はすでに,ケプラーの機器類の故障といった他の要因が原因ではないことも確認ずみで,何か新しいアイデアを探し求めていた。そこで,私たち著者の1人(ライト)は極めて型破りな説を持ち出した。この光度変化は宇宙人文明によって引き起こされているのではないか……。
In the 1960s physicist Freeman Dyson postulated that advanced, energy-hungry civilizations might enshroud their home stars in solar collectors—later called Dyson spheres—to absorb practically all of a star’s light. Could this fading star be the first evidence that other cosmic cultures were more than science fiction? That outré idea was a hypothesis of last resort, but for the time being, we could not dismiss it.  1960年代,物理学者のダイソン(Freeman Dyson)は,エネルギーに飢えた高度な文明は,親星の光を実質的にすべて吸収する集光器で星をすっぽり覆うだろうと提唱した(後に「ダイソン球」と呼ばれるようになった構造物)。奇妙な減光を示すこの星は,地球外文明がSF以上のものであることを示す初の証拠ではないのか? この突飛な考え方は“最後の手段”的な仮説だが,現時点ではあっさり切り捨てるわけにもいかない。
The star that stumped Boyajian—now officially known as Boyajian’s star and colloquially called Tabby’s star—has captivated astronomers and the general public alike. Like all great enigmas, it has generated a seemingly infinite number of possible solutions—none of which wholly explain the curious observations. Whatever is responsible may lie outside the realm of known astronomical phenomena.  ボヤジアンを悩ませたこの星(現在では「ボヤジアン星」として知られ「タビー星」とも呼ばれる)は,天文学者と一般市民の両方の心を奪った。重大な謎がみなそうであるように,これを説明できそうな理論が無数に思えるほどたくさん生み出され,そのどれ1つとしてこの奇妙な観測結果を完全には説明できない。原因が何であれ,既知の天文現象の範囲外にあるようだ。