英語で読む日経サイエンス

SCIENTIFIC AMERICAN April 2017

Inside the Echo Chamber

陰謀論を増幅 ネットの共鳴箱効果

By Walter Quattrociocchi W. クアトロチョッキ
English 日本語 日本語
In the summer of 2015 Governor Greg Abbott gave the Texas State Guard an unusual order: keep an eye on the Jade Helm 15 exercise, just in case the online rumors are true. In reality, Jade Helm 15 was a routine eight-week military exercise conducted in Texas and six other states. In the online echo chamber, however, it was something more sinister: the beginning of a coup ordered by President Barack Obama.  2015年夏,テキサス州のアボット知事(Greg Abbott)はテキサス州防衛隊に異例の命令を下した。ネット上の噂が真実である万一の場合に備えて,大規模軍事演習「ジェイド・ヘルム15」を監視すること。この演習は実のところ,テキサスほか6つの州で8週間にわたって行われる恒例の軍事演習だ。しかしネットでは,もっと邪悪なたくらみだとする噂が広がっていた。オバマ大統領の指示によるクーデターの始まりだという。
Conspiracy theories are nothing new, but in an age of rampant populism and digital activism, they have acquired new power to influence real-world events—usually for the worse. In a 2013 report on global risks, the World Economic Forum named the viral spread of baseless or false information as one of the most dangerous social trends of the age, on an equal footing with terrorism. With antidemocratic politicians on the rise throughout the West, we are now seeing the danger of viral misinformation become manifest. People are surprisingly bad at distinguishing credible information from hoaxes. In my country, according to the Organisation for Economic Co-operation and Development, more than half of Italians between the ages of 15 and 65 have poor literacy. And social media have made it easy for ideas—even false ones—to spread around the globe almost instantaneously.  陰謀論は何も新しいものではないが,ポピュリズムとデジタル直接行動主義が激しさを増すいま,陰謀論は実世界の出来事を動かす新たな影響力を獲得した。たいていは悪影響となる。世界経済フォーラムの2013年の報告書は,根拠のない情報や誤情報がネットを通じて急速に広まるこの傾向を,テロリズムと同じ最も危険な社会トレンドであると指摘した。
 西側世界全体で反民主的な政治家が台頭している現在,誤情報の急拡散がもたらす危険は目に見えて高まっている。人々が信頼に足る情報とでっち上げを見分ける能力は驚くほど低い。私の故国イタリアの場合,経済協力開発機構(OECD)によれば,15〜65歳のイタリア人の過半数はこの判別能力に乏しい。そしてソーシャルメディアによって,誤情報もほとんど一瞬のうちに全世界へ簡単に広まる。
Social scientists have recently made significant progress in understanding the spread and consumption of information, its effect on opinion formation, and the ways people influence one another. Advances in technology have made it possible to exploit the deluge of data from social media—the traces that people use as they choose, share and comment online—to study social dynamics at a high level of resolution. The approach, called computational social science, unites mathematics, statistics, physics, sociology and computer science, with the aim of studying social phenomena in a quantitative manner.  情報がどう広まって受け止められるか,それが意見形成にどう影響するか,そして人々が互いにどう影響し合っているかについて,社会科学者の理解は近年に大きく進んだ。技術の進歩によって,ソーシャルメディア上の大量の情報(人々がオンラインで行った選択や情報共有,コメントの痕跡)を活用して社会的ダイナミクスを高分解能で調べることが可能になった。この手法は「計算社会科学」と呼ばれ,数学と統計学,物理学,社会学,コンピューター科学を統合して,社会現象を定量的に研究することを目指している。
By applying the methods of computational social science to the traces that people leave on Facebook, Twitter, YouTube and other such outlets, scientists can study the spread of conspiracy theories in great detail. Thanks to these studies, we know that humans are not, as has long been assumed, rational. Presented with unfiltered information, people will appropriate that which conforms to their own thinking. This effect, known as confirmation bias, fuels the spread of demonstrably false arguments—theories about global mega conspiracies, connections between vaccines and autism, and other nonsense. And unfortunately, there seems to be no easy way to break this cycle.  人々がフェイスブックやツイッター,YouTube (ユーチューブ)などの場に残した痕跡に計算社会科学の手法を適用することで,陰謀論の拡散を詳細に調査可能だ。そうした調査研究のおかげで,人間はこれまで長く考えられてきたような理性的存在ではないことがわかった。人々は生の情報を提示されると,自分の考えを裏づける情報をつまみ食いして利用する。「確証バイアス」として知られるこの効果は,誤りであると容易に証明できるような主張が拡散するのを勢いづける。世界規模の巨大陰謀の存在や,ワクチンと自閉症の関連など,様々なナンセンスな主張が広まる。そしてあいにく,この循環を断ち切る簡単な方法はなさそうだ。