英語で読む日経サイエンス

SCIENTIFIC AMERICAN August 2016

The Seven-Year Mission to Fetch 60 Grams of Asteroid

オシリス・レックス 米国版はやぶさの挑戦

By Dante S. Lauretta D. S. ローレッタ
English 日本語 日本語
What may be the most threatening asteroid known to humankind was discovered in 1999, tumbling through space on an unstable orbit that periodical­ly intersects that of Earth around the sun. Astron­omers eventually named the half-kilometer-wide object Bennu, after a creation god from Egyptian my­thol­­ogy. And indeed, if Bennu, filled with organic compounds and water-rich minerals, fell on a barren world, it might sow the seeds of life. Instead it may be destined to cause immense suffering and death. Astronomers have projected that in 2135, Bennu will pass nearer to Earth than the moon, in a flyby that could tweak the asteroid’s trajectory to guarantee a strike on our planet in the late 22nd century.  1999年,宇宙空間で不安定な軌道をたどっている小惑星が発見された。その軌道は周期的に地球の公転軌道と交差するようで,既知の小惑星のなかで地球と衝突する危険がおそらく最も高い。差し渡しが約0.5kmのこの天体はエジプト神話の不死鳥にちなんで「ベンヌ」と名づけられた。
 ベンヌは有機物質と含水鉱物の塊で,不毛の天体に落下した場合には生命のタネをまくことになるだろう。あるいは地球に衝突して大災害を引き起こすのだろうか。ベンヌは2135年に地球に接近して月よりも近いところをかすめると予想される。そしてこの接近通過の際に軌道が少し変わり,22世紀後半に地球と衝突するコースに乗る可能性がある。
No one can predict where exactly on Earth Bennu might fall, although basic arithmetic shows its impact could release as much energy as 3,000 megatons of TNT. If its 2135 flyby sets it on a collision course with Earth, global leaders would basically have two options to avert disaster: either evacuate large regions of the world or launch a mission to deflect the asteroid. To know just how big an evacuation or a deflection mission would need to be, those future planners would rely in part on data gathered more than a century earlier, by a NASA spacecraft launching this September. Called OSIRIS-REx, this spacecraft will visit Bennu with the objective of returning to Earth carrying samples of the asteroid.  その際に地球のどこに落ちるのか正確な予測は誰もできないが,TNT火薬3000メガトンの爆発に相当するエネルギーが放出されることが基本的な計算から示されている。2135年の接近通過によってベンヌが衝突コースに乗った場合,世界のリーダーたちが大災害を避けるために取れる選択肢は2つある。世界の広大な領域に避難指示を出すか,この小惑星の軌道をそらすミッションを宇宙に打ち上げるかだ。
 いずれにしろ,こうした措置をどれほど大規模に展開する必要があるかを知るために,未来の人々は100年以上昔に集められたデータに頼ることになるだろう。米航空宇宙局(NASA)がこの9月に打ち上げる「オシリス・レックス」が収集したデータだ。この探査機はベンヌを訪問して,そのサンプルを地球に持ち帰ることになっている。
The Origins of OSIRIS-REx
As leftovers from the formation of the solar system, asteroids are emissaries from the darkest depths of our history, carrying otherwise unobtainable data about events that predate Earth’s geologic record by hundreds of millions of years. Samples from an asteroid might contain answers to lingering questions about the birth of the sun, the formation of planets and even the origins of life on Earth. Add to all of this the need to guard against cataclysmic asteroid strikes, and it is obvious why scientists are interested in these objects.
 オシリス・レックスの起源
 小惑星は太陽系形成の名残であり,私たちの歴史のなかで最も古い闇の世界を現在に伝えてくれる使者だといえる。地球の地質記録を数億年さかのぼる出来事に関するデータを保存しているのは小惑星だけだ。小惑星のサンプルを入手すれば,太陽の誕生と惑星の形成,さらには地球生命の起源に関する長年の謎を解決できる可能性がある。これらに加え,破局的な小惑星衝突から地球を守る必要もあるわけで,科学者が小惑星に関心を寄せる理由は明らかだろう。