News Scan

冷たい銀行員〜日経サイエンス2016年3月号より

ドライすぎる─自分の職場にも

 

たいていの人にとって,アイデンティティーは職業と不可分に結びついている。自分の仕事に意味を見いだそうとし,仕事への批判は自分への攻撃と受け止める。だが,投資銀行の幹部は違う。自己を仕事から厳重に切り離しており,研究者たちはこの現象を新たに「テフロニック・アイデンティティー操縦(teflonic identity maneuvering)」と名づけた。

 

この言葉が生まれたきっかけは,ロンドンの投資銀行幹部6人を対象に約2年かけて行われた詳細な面接調査だ。6人全員が,職場に帰属意識を感じることを常に避けている状況を語った。例えばある人は怒りっぽい上司についてこう述べた。「いつものことで,もう気にならない。怒られるのは仕事であって,私個人への攻撃だとは思わない」。

 

心理的離反の代償

こうした精神操縦法は,仕事がきつくて従業員をこき使う銀行の職場環境に対する反応として生じたのかもしれないと,この研究を行ったロンドン大学クイーン・メアリーのイノベーション・組織学教授ロバートソン(Maxine Robertson)はいう。自己の最小化が厳しい職場環境でやっていくための処世術として働いているのだろう。調査対象となった投資銀行員たちは,給料がよいのだから仕方ないと考えて,この心理的離反を正当化していた。Organization Studies誌に報告。

 

ニューヨークで活動している臨床心理士のキャス(Alan Cass)は,そうした心理がもたらす長期的な悪影響を懸念する。心の健康よりも金銭を優先すると,燃え尽き症候群や肉体的不調,薬物乱用,離婚などに至る恐れがある。

この研究は調査対象者が少ないので,他のタイプの銀行員には当てはまらないかもしれない。だが,帰属意識の欠落に関する研究例は少ないので注目に値する。研究チームは現在,テフロニック・アイデンティティー操縦が学術界など他の高ストレス職場にも見られるのではないかと考えている。

 

ほかにも話題満載! 現在発売中の2016年3月号誌面でどうぞ。

 

サイト内の関連記事を読む