英語で読む日経サイエンス

SCIENTIFIC AMERICAN July 2015

What Doesn't Kill You ...

野菜が体によい本当の理由 微量毒素の効用

By Mark P. Mattson M. P. マトソン
English 日本語 日本語
When asked why eating lots of fruits and vegetables can improve health, many people will point to the antioxidants in these foods. That reasoning is logical because major diseases such as cancer, cardiovascular disease and diabetes involve cell damage caused by chemicals called free radicals that antioxidants neutralize.  なぜ果物や野菜をたくさん食べるのが健康によいのだろうか。多くの人はこれらに含まれる抗酸化物質のおかげだと答えるだろう。フリーラジカルによって体の細胞が傷つくことが,がんや心血管疾患,糖尿病などの発症に関係していて,抗酸化物質がそのフリーラジカルを中和できることを踏まえると,この答えは筋が通っている。
As a neuroscientist working to understand what goes wrong in the brain, I have long been aware that free radicals disrupt and sometimes kill neurons. And conversely, I know that people who regularly consume vegetables, fruits and other plant products thought to contain high levels of antioxidants tend to have healthier brains and to be less likely to suffer from neurodegenerative diseases. But the antioxidants story is not quite so simple.  脳の病気を研究している神経科学者の私も,フリーラジカルが神経細胞に悪さをしてときには殺してしまうことは以前から知っている。そして,抗酸化物質を多く含む野菜や果物などの植物を普段から食べている人は脳が健康で神経変性疾患にかかりにくいことも把握している。しかし,抗酸化物質をめぐる話はそう単純ではない。
Indeed, when rigorously evaluated in controlled trials in animals and humans, antioxidants, such as vitamins C, E and A, have failed to prevent or ameliorate disease. How then do fruits and vegetables promote health?  実のところ,動物や人での対照実験で厳密に評価すると,ビタミンCやビタミンE,ビタミンAなどの抗酸化物質は病気を防いだり進行を抑えたりすることはできていないのだ。ではなぜ,果物や野菜は体によいのだろうか。
The emerging answer has much to do with the strategies that plants have evolved over millions of years to protect themselves from pests. Bitter-tasting chemicals made by plants act as natural pesticides. When we eat plant-based foods, we consume low levels of these toxic chemicals, which mildly stresses cells in the body in much the same way that exercise or going without food for long periods does. The cells do not die—in fact, they get stronger because their response to the stress shores up their ability to adapt to still more stress. This process of bolstering cellular resilience is called hormesis—and a growing body of research indicates that it accounts for the health benefits of consuming fruits and vegetables. Understanding hormesis’s effects may even provide new ways to prevent or treat some of the most devastating brain diseases, including Alzheimer’s, Parkinson’s and stroke.  いま見え始めてきた答えは,植物が害虫から身を守るために何百万年もかけて進化させた防御策に深く関係している。植物が作り出す苦味のある化合物は天然の殺虫剤の役目を果たしている。私たちが植物由来の食品を食べると,これら低濃度の毒性化合物も摂取され,それが人体の細胞に運動や断食と同じような軽いストレスをかける。それで細胞が死ぬことはない。それどころか,弱いストレスに対抗することで,より強いストレスに耐える能力がむしろ強化される。
 細胞の回復力が高まるこの現象は「ホルミシス」と呼ばれ,最近の多くの研究は果物や野菜の摂取が体によいのもホルミシスのためであることを示している。ホルミシスの仕組みを解明すれば,アルツハイマー病やパーキンソン病,脳卒中など重大な脳の病気の予防法や治療法の開発につながる可能性もある。