News Scan

安全な銃〜日経サイエンス2015年12月号より

偶発事故と犯罪を防ぐ技術

 

 米国の銃関連の年間死者数が数十年ぶりに自動車事故による死者数を上回る見込みとなった。米疾病対策センター(CDC)によると,2013年(データのある直近の年)に両者はほぼ並んでおり,交通事故の死者は3万3804人,銃関連は3万3636人だった。

 

 ジョンズ・ホプキンズ大学法律・公衆衛生センターの共同センター長テレット(Stephen Teret)は,銃による死傷はいまや重大な公衆衛生問題だという。テレットは利用者にとってより安全な銃の製造方法を研究している。そうした研究をしているのはテレットだけではない。特定の利用者だけが発砲できる“スマートガン”に関する初のシンポジウムが今年になって開かれた。無許可あるいは偶発的な発砲を防ぎ犯罪を食い止めることを狙った技術が開発され,その一部は,規模は限定的ながら,概念実証を超えて生産段階に移っている。(続く)

 

続きは現在発売中の12月号誌面でどうぞ。

 

サイト内の関連記事を読む