英語で読む日経サイエンス

SCIENTIFIC AMERICAN January 2015

Better Than Earth

生命の理想郷 スーパーアース

By René Heller R. エレール
English 日本語 日本語
Do we inhabit the best of all possible worlds? German mathematician Gottfried Leibniz thought so, writing in 1710 that our planet, warts and all, must be the most optimal one imaginable. Leibniz’s idea was roundly scorned as unscientific wishful thinking, most notably by French author Voltaire in his magnum opus, Candide. Yet Leibniz might find sympathy from at least one group of scientists—the astronomers who have for decades treated Earth as a golden standard as they search for worlds beyond our own solar system.  あまたある星々の中で,私たちは本当にベストな星で暮らしているのだろうか? 1710年,ドイツの数学者ライプニッツ(Gottfried Leibniz)はまさにそうだと考えて,私たちの地球は考えられうる限り,何もかもが最高の状態に整えられているに違いないと書き記した。この考え方は非科学的な希望的観測にすぎないとして世の冷笑を浴び,特にフランスの著述家ヴォルテール(Voltaire)は自著『カンディード』で辛辣に風刺した。
 だが,現代の少なくとも一部の科学者はライプニッツに通じる考えに立っている。地球を最高の見本と考え,数十年にわたり太陽系外に生物が暮らせる惑星を探し求めてきた天文学者らだ。
Because earthlings still know of just one living world—our own—it makes some sense to use Earth as a template in the search for life elsewhere, such as in the most Earth-like regions of Mars or Jupiter’s watery moon Europa. Now, however, discoveries of potentially habitable planets orbiting stars other than our sun—exoplanets, that is—are challenging that geocentric approach.  今のところ地球人は生物が存在する天体をたった1つしか知らない。私たち自身の星だ。だから地球外生命を探す際,地球が基準になるのは当然かもしれない。火星の中でも最も地球に似た地域や,木星の衛星で水が存在するエウロパなどが有力候補となっている。
 ところが今,太陽以外の恒星を回る惑星の中に,生命存在の可能性があるとみられる,つまりハビタビリティが高いものがいくつか見つかり,従来の地球中心主義のアプローチが問い直されている。
Over the past two decades astronomers have found more than 1,800 exoplanets, and statistics suggest that our galaxy harbors at least 100 billion more. Of the worlds found to date, few closely resemble Earth. Instead they exhibit a truly enormous diversity, varying immensely in their orbits, sizes and compositions and circling a wide variety of stars, including ones significantly smaller and fainter than our sun. Diverse features of these exoplanets suggest to me and to others that Earth may not be anywhere close to the pinnacle of habitability. In fact, some exoplanets, quite different from our own, could have much higher chances of forming and maintaining stable biospheres. These “superhabitable worlds” may be the optimal targets in the search for extraterrestrial, extrasolar life.  過去20年間で発見された系外惑星は1800個を超える。統計的には,私たちの天の川銀河には少なくとも1000億個以上の系外惑星が存在すると考えられる。現在までに発見された系外惑星のうち,地球に非常によく似た惑星はほとんどない。系外惑星は軌道やサイズ,組成が実に多岐にわたる。周回している恒星の種類も様々で,太陽よりはるかに小さく輝きの弱い恒星もある。
 こうした系外惑星の豊かな多様性から,地球がハビタビリティに関して最高に優れているとはいえないだろうと考えられるようになった。実際,系外惑星の中には地球とはまったく異質でありながら,安定した生物圏を形成・維持できる可能性が地球よりはるかに高そうな星がある。このような「超ハビタブル」な系外惑星こそが,地球外生命,太陽系外生命の探索ターゲットとして最適だろう。