英語で読む日経サイエンス

SCIENTIFIC AMERICAN June 2014

Good Habits, Bad Habits

習慣を作る脳回路

By Ann M. Graybiel /Kyle S. Smith A. M. グレイビエル /K. S. スミス
English 日本語 日本語
Every day we all engage in a surprising number of habitual behaviors. Many of them, from brushing our teeth to driving a familiar route, simply allow us to do certain things on autopilot so that our brains are not overtaxed by concentrating on each brushstroke and countless tiny adjustments of the steering wheel. Other habits, such as jogging, may help keep us healthy. Regularly popping treats from the candy dish may not. And habits that wander into the territory of compulsions or addictions, such as overeating or smoking, can threaten our existence.  私たちは日々,実に多くの習慣的行動をしている。歯磨きをするときも慣れた道を運転するときも,歯ブラシの動かし方やハンドルの微調整に脳を集中させることなく,必要な動作を無意識のうちに行っている。習慣の中にはジョギングなどのように健康維持に役立つものもあれば,菓子をつまむ習慣のように健康的とはいえないものもある。さらに過食や喫煙など強迫行為や依存症の領域に踏み込んでしまった習慣は,生命を脅かすことすらある。
Even though habits are a big part of our lives, scientists have had a hard time pinning down how the brain converts a new behavior into a routine. Without that knowledge, specialists have had difficulty helping people break bad habits, whether with medicines or other therapies.  習慣行動が生活の大きな部分を占めているにもかかわらず,科学者は脳が行動をどうルーチン化しているのかをなかなか突き止められずにきた。このため,薬を使うにしろ他の療法に頼るにしろ,人々を悪い習慣から脱却させるのは難しかった。
New techniques are finally allowing neuroscientists to decipher the neural mechanisms that underlie our rituals, including defining our so-called habit circuits—the brain regions and connections responsible for creating and maintaining our routines. The insights from this work are helping neuroscientists to figure out how the brain builds good habits and why all of us seem to struggle with breaking habits that we do not particularly care for, as well as those we are told to stop by doctors or loved ones. The research suggests that by deliberately conditioning our brain, we might be able to control habits, good and bad. That promise springs from one of several surprises: that even when it seems we are acting automatically, part of our brain is dutifully monitoring our behavior.  しかしいま,新たな手法の登場で,私たちの儀式的行動の根底にある神経機構がようやく明らかになり始めた。習慣の形成・維持に関与している脳領域と神経接続,いわゆる「習慣回路」も特定された。これらの知見は,脳が良い習慣をどう作るか,とりたてて好きでもない習慣や医師や家族からやめるようアドバイスされている習慣を断つことがなぜ難しいかを解明するのに役立っている。また,意図的に脳を条件づけすることで良い習慣や悪い習慣を制御できる可能性を示唆している。
 それはいくつかの驚くべき発見の1つからもたらされた。私たちが無意識に行動しているように思えるときでさえ,脳の一部は行動を忠実に監視しているという事実だ。
What Is a Habit, Really?
Habits seem to stand out as clear-cut actions, but neurologically, they fall along a continuum of human behavior.
 そもそも習慣とは?
 習慣とその他の行動との区別は明らかだと思えるだろうが,神経科学的には人間行動の連続したスペクトラムの中にあり,明確な境界線はない。
At one end of that continuum are behaviors that can be done automatically enough to let us free up brain space for different pursuits. Others can command a lot of our time and energy. Our habits emerge naturally as we explore our physical and social environments and our inner feelings. We try out behaviors in particular contexts, find which ones seem beneficial and not too costly, and then commit to those, forming our routines.  このスペクトラムの一端に位置するのは無意識になされる行動で,それによって脳スペースを別の目的のために空けておくことができる。他の行動は多くの時間とエネルギーを必要とする。習慣は自身の物理的・社会的環境と内的感覚を吟味する過程で自然に生じる。私たちは様々な状況で様々な行動を試し,どの行動が有益で大きな犠牲を強いないかを見極める。そして,そうした行動を選んでルーチン化する。