英語で読む日経サイエンス

SCIENTIFIC AMERICAN September 2013

Which One Will Make You Fat?

どっちで太る? カロリーか炭水化物か

By Gary Taubes G. トーベス
English 日本語 日本語
Why do so many of us get so fat? The answer appears obvious. “The fundamental cause of obesity and overweight,” the World Health Organization says, “is an energy imbalance between calories consumed and calories expended.” Put simply, we either eat too much or are too sedentary, or both. By this logic, any excess of calories-whether from protein, carbohydrate or fat (the three main components, or “macro-nutrients,” in food)-will inevitably pack on the pounds. So the solution is also obvious: eat less, exercise more.  太った人がどうしてこれほど多いのか? 答えははっきりしているようにみえる。世界保健機関(WHO)は「肥満や体重過多の根本原因は摂取カロリーと消費カロリーのアンバランスにある」としている。つまり,食べ過ぎか運動不足か,あるいはその両方だ。
 この論理によれば,タンパク質であれ炭水化物や脂肪であれ,これら三大栄養素からカロリーを摂りすぎれば体重は確実に増える。だから肥満の解消策も明快だ。食べる量を減らし,運動量を増やせばよい。
The reason to question this conventional thinking is equally self-evident. The eat less/move more prescription has been widely disseminated for 40 years, and yet the prevalence of obesity, or the accumulation of unhealthy amounts of body fat, has climbed to unprecedented levels. Today more than a third of Americans are considered obese-more than twice the proportion of 40 years ago. Worldwide, more than half a billion people are now obese.  この従来の考え方に疑問が生じる理由も同じくらいはっきりしている。食べる量を減らして運動量を増やすという処方箋は40年前から広く知られているのに,不健康なまでに体脂肪が身体に蓄積した肥満の人はかつてないほど増えている。現在,米国人の1/3以上が肥満とみられており,その割合は40年前の2倍以上になっている。世界では肥満人口が今や5億人を超える。
Besides getting fatter, we are also developing more metabolic disorders, such as type 2 diabetes, which is marked by hormonal abnormalities in the processing and storage of nutrients and is far more common in obese individuals than in lean ones.  肥満と並んで2型糖尿病などの代謝疾患も増えている。栄養素の代謝や貯蔵を調節するホルモンの異常で起こるこの疾患は,痩せている人より太った人の方がはるかに多い。
The dissonance of an ever worsening problem despite a seemingly well-accepted solution suggests two possibilities. One, our understanding of why people get fat is correct, but those who are obese-for genetic, environmental or behavioral reasons-are unable or unwilling to heal themselves. Two, our understanding is wrong and hence so is the ubiquitous advice about how to make things better.  解決策は広く知られているようなのに事態は悪化し続けているという矛盾から,2つの可能性が見えてきた。1つ目は太る理由についての理解は正しいものの,肥満の人は(原因が遺伝,環境,行動のいずれであれ)自力で痩せることができないか,そのつもりがないという可能性。2つ目は肥満に関する私たちの理解が間違っているがゆえに,状況を改善するためのおなじみの処方箋も間違っているという可能性だ。
If the second option is true, then maybe what makes us fat is not an energy imbalance but something more akin to a hormonal defect, an idea embraced by Euro--pean researchers prior to World War II. If so, the prime suspect or environmental trigger of this defect would be the quantity and quality of the carbohydrates we consume. Under this scenario, one fundamental error we have made in our thinking about obesity is to assume that the energy content of foods-whether avocado, steak, bread or sodaーis what makes them fattening, not the effects that these foods, carbohydrates in particular, have on the hormones that regulate fat accumulation.  後者の方が真実なら,肥満の原因は摂取・消費カロリーのアンバランスではなく,第二次世界大戦前の欧州の研究者が考えていたホルモンの異常のようなものかもしれない。この場合,その異常を引き起こす環境要因として真っ先に疑われるのは,私たちが摂取する炭水化物の量と質だろう。これまでの肥満に対する考え方は根本的に誤っていたことになる。太るのは食品のカロリーの問題であって口にするのがアボカドかステーキかパンか炭酸飲料かは関係ない,というのは間違いだった。食品に含まれる特に炭水化物が,脂肪の蓄積を調節するホルモンに及ぼす影響こそが問題となる。
Given how often researchers refer to obesity as a disorder of the energy balance, one might assume that the concept had been rigorously tested decades ago. But a proper scientific vetting never actually happened. The experiments were too difficult, if not too expensive, to do correctly.  これまで多くの研究者が肥満はカロリーの問題だと言ってきたのだから,この学説は何十年も前に厳密に検証されたものに思えるかもしれない。しかし実際には科学的にきちんと調べられたことはない。そうした検証実験は巨額の費用はかからないとしても厳密に行うことが非常に難しいからだ。