きょうの日経サイエンス

2013年7月6日

新「揺らぐ境界 非実在が動かす実在」を読んで いろいろ疑問が湧いた人のための補足

  増補版登場! 

 実在性・局所性・因果律の抜き打ちテスト,隠れた変数理論,負の確率など,新たな内容を追加しました(7月6日)

 

 

2013年7月号「揺らぐ境界 非実在が動かす実在」の著者,谷村省吾氏による補足解説です。記事より一歩踏み込んだ解説が欲しい人,物理や数学を勉強している人に。参考文献の紹介も充実。本誌と併せてお読みください。 (6月8日)

 

 

「誌面では説明しきれなかった細かい点についての解説,とくに数学的証明や歴史に関する覚え書きを補います。また,物理学上の私見も披露します。書いているうちに,あれもこれも書きたくなり,補足のくせに,ぶくぶく膨れ上がってしまいました。」(前書きより)

 

目次(赤字が増えた内容です)

 

 0 増補版への序文

 1 この文章の位置付け

 2 ベルの不等式の破れを代数的量子論で分析する

  2.1 初心者向けのコメント

  2.2 初心者向けのコメントその2

  2.3 数学が得意な人向けのコメント

  2.4 量子力学をよく知っている人向けのコメント

  2.5 専門家のためのコメント

  2.6 もっとマニアックなコメント

 3  光子に抜き打ちテストを仕掛ける?

  3.1 抜き打ちテストの狙い

  3.2 抜き打ちテストの実施方法

  3.3 抜き打ちテストの数学

  3.4 局所性または因果律が破れると 抜き打ちテストができなくなる

  3.5 マイナスの確率でベル不等式を破る?

 4  隠れた変数理論

  4.1 科学的実在論・反実在論・値の実在論

  4.2 隠れた変数理論の数学

 5  局所性と因果律は疑われないのか?

 6  波動関数の正体をめぐって

 参考文献

 

→ダウンロードはこちら 無料です!

キーワードをGoogleで検索する

代数的量子論 ベルの不等式 非可換性 波動関数 量子力学の解釈 実在論 隠れた変数理論 弱値