きょうの日経サイエンス

2013年1月25日

3月号に合わせて関連過去記事をお手頃価格でご提供!

 

 

現在発売中の日経サイエンス3月号,お楽しみいただけていますか?

 

 特集「量子ゲーム理論」をはじめ,興味深い記事が満載です。

今月も記事中に掲げた関連記事を特別価格300円にて

ダウンロード販売でご提供いたします。

 

 

 対象は以下の3本です。

 

 

 

2004年6月号 「だれからも文句のでない投票方式」  P. ダスグプタほか

2005年8月号 「自己組織化する視覚チップ」  K. ボアヘン

2007年7月号 「スターストリーム 天の川がのみ込んだ小銀河の痕跡」  R. イバタほか

 

 

 

今号の特集:量子ゲーム理論「パラドックスに合理あり」では「投票の逆理(コンドルセのパラドックス)」を例に挙げて,合理的なはずの多数決投票で有権者の意志を反映した結果が得られない場合があることを説明しています。こうした選挙制度の矛盾を詳しく解説したのが「だれからも文句のでない投票方式」で,有権者の選好順序を考慮した新方式を提案しています。

 

自己組織化する視覚チップ」は今号の「ニューロンが話す言葉」で引用されている記事。生物の実際の神経回路をまねた「ニューロモルフィック」なコンピューターチップについて詳しく解説しています。光をとらえてその信号を脳に送る人工網膜チップを中心に述べていますが,ついでに実際の眼の仕組みについても理解が深まるおトクな記事です。

 

今号の「銀河進化を探る旅」では天の川銀河の外縁にある古い星々を観測して銀河の進化史を明らかにする試みを紹介しています。これらの星は天の川銀河が近くにある別の小さな銀河から“はぎ取った”もの。小さな銀河が帯のように引き伸ばされ,天の川に吸収されていくと考えられています。この過程を詳しく解説したのが「スターストリーム 天の川がのみ込んだ小銀河の痕跡」です。

 

 

 

※なお勝手ながら,お値引きでのご提供は3月号の発売期間中,2月24日18時までとさせていただきます。